調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

隠岐の海、頑張れ

未分類2011/09/21

 野田丸の船出を歓迎してか、台風が次々とご挨拶に来る。しかも雨に嵐と、
大勢の取り巻き連中を連れてやってくる。この時期の台風など誰一人歓迎する者も居ないのに・・・・。全くもって・・・・
何を考えているのやら?。

 報道によると100万人にも及ぶ避難勧告とか・・、台風に対する備えなど、
避難以外に方法がない。

 昔は家の戸板を打ちつけたり、庭のバケツや梯子や植木の片付けなど、
こまごまとした作業が結構あった様に思うが、今はそうでもない。敢えて備えに動くと、災難に会うケースの方が多いくらい。

 自然の脅威には、ただほう被りをして耐えるしかない。
人間は絶対に自然には逆らえない。心も身体も自然法則順従が「命を生きる」原則であり、幾ら科学が発展しても自然法則に逆らってはならない・
・・。そう云う意味では、原子力などは、もしかしたら自然を恐れぬ行為なのかも。

 ただ自然には逆らえないが、人為的に作られる脅威には、毅然と立ち向かわなければ・・
・。

 いったい今の円高は何なのだ・・・?。経済アナリストは色々云うが、
小生のような経済音痴にはサッパリ分からない。
ギリシャのデフォルト危機に追随した訳でもあるまいに世界通貨のアメリカドルまでがデフォルトを囁かれ、結果、急激な円高が作られた。

 日本の国債など三流国なみに格下げされ、財政赤字は急拡大で、
世界に冠たる財政難国家であるにもかかわらず、円は何故こんなに強いのか。

 本当の事は判らないが、実体経済など全く無視し、投機筋と欧米が一体となり、
日本を相手に、赤子の手を捻るかの如き所業に出ているのでは、などとつい思ってしまう。

 この円高は、日本政府のテイタラク、
外交力の弱さが原因しているように思えて仕方がない。今は野田政権に期待するしかないのかも知れないが、手もみ外交が関の山で、
毅然と立ち向かうなど有り得ない事なのか・・・。

 そこで小生は、
「隠岐の海」に期待!!。幕内筆頭で4勝6敗、上位陣相手にこの成績は悪くは無い、後は白星を重ねるだけ。そして来場所は3役入り。

 
「隠岐の海歩」、頑張れ、がんばれ、ガンバレ・・・・・。

Typhoons come to greet us one after another, perhaps to welcome the departure of the Noda Maru. And then there’s the rain and the storm.
They are coming with a lot of cronies. There is no one to welcome a typhoon at this time of year….. I don’t think that’s…
I don’t know what you’re thinking.

 

There is no other way but to evacuate.

In the old days, we’d slam the doorboards on the house, clear out the buckets, ladders and plants in the yard.
I think there was a lot of fiddling, but not so much now. If you dare to make a move to be prepared, there are so many cases where you will meet a disaster.

The only way to withstand the threat of nature is to put on a coat of arms.
Humans absolutely cannot defy nature. Obedience to the laws of nature in both mind and body is the principle of “living life”, and no matter how much science has developed, we must not go against the laws of nature.
….. In that sense, nuclear power may be an act of not being afraid of nature.

It’s just that we can’t go against nature, but we have to take a firm stand against man-made threats…

What on earth is the current strength of the yen…? Economic analysts have a lot to say about it.
An economic buffoon like me doesn’t understand this at all.
Even the US dollar, the world’s currency, was whispering of a default, even though Greece’s default crisis was not followed, resulting in a sharp rise in the yen.

Japan’s national debt has been downgraded to that of a third-rate country, and its budget deficit is growing rapidly.
Why is the yen so strong in spite of being the world’s most financially challenged nation?

I don’t know what’s really going on, but the speculators and the West are working in unison, ignoring the real economy.
I can’t help but think that they’re taking on Japan as if they’re twisting a baby’s hand.

This appreciation of the yen is due to the Japanese government’s
I can’t help but think that weakness in diplomacy is the culprit. We may have no choice but to look forward to the Noda administration for now, but the hand-wringing diplomacy is a big problem.
How is it possible to stand firm against such a thing…?

So, I thought.
Hopes for the “Sea of Oki”! With 4 wins and 6 losses at the top of the makuuchi, this is not a bad result against a top team. Then, the visitor’s office entered three roles.

Oki Sea, go for it, go for it, go for it…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る