調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

復興に向けて

会長日記2011/03/29

 マスコミでも一部報じられているが、今回の震災に対する義捐金は阪神淡路大震災の比ではなく、相当な盛り上がりを見せており、復興の大きな力になるものと思われる。また、ボランティア活動も徐々に動きつつあり、復興に向けて国民の気持ちが一つになり、人間の温かさが自然と感じられる、良い支援ムードが出来つつあるように思う。

 マスコミ報道も、震災直後の悲惨さから徐々に人の温かさを感じさせるものに変わりつつあり、筆舌に尽くし難い震災ではあるが、「人間捨てたものじゃない・・・」と思わせるムードが漂いつつある事も事実である。

 誤解を恐れずに云うとすると、宇宙(この世)は「進化と向上」に向かって動いており、人はその為に生を授かっている。震災は、自然(神)の破壊の気の作用であり、消極の気がもたらすものであるが、人間に対する一つの啓示と捉えることもできる。否、そう捉えなければ成らない。そうすることによって、破壊の気、消極の気を、積極の気に変える事が出来るのだから・・・。

 起きたことはどうしようもない。後はそれを正面から捉えてプラスに変えるしかなく、人間は本来そう云う様に造られている。

 震災前は、育児放棄、虐待、殺人、など消極の気がもたらすマイナスだけが報じられ、「それでも人間か・・・」と云いたくなるような情けない日本人像がクローズアップされていたが、今は悲惨な中にも人の温かさが表に出てきている様に思う。少年非行や親の虐待など、日本人の荒んだ消極の心を、今回の津波が一緒に洗い流してくれたのかも知れない。

 ただ、少し気になっている事がある。それは余りにも全般に自粛ムードが漂っていることだ・・・。私の周りでも今週になってあらゆる祝賀行事的なものが中止となりつつある。昭和天皇崩御の年を思わせる自粛ムードが感じられ、本当にこれで良いのか、とつい思ってしまう。

 商売人故の性かもしれないが、行き過ぎた自粛ムードはかえって復興にとってもマイナスになる。震災で大変な打撃を受けている経済界は二重の打撃を受ける事になり、特に今回の原発で壊滅的打撃を受ける観光関連事業は大変な状況に陥るのではと心配せざるを得ない状況にある。

 余り右へ倣え的な自粛ムードに流されず、元気を出そう日本で、明るく溌剌と元気に遣ろうではありませんか!

It has been reported in the mass media that the donations for this disaster are much higher than those for the Hanshin-Awaji Earthquake, and I believe that this will be a great force for reconstruction. In addition, volunteer activities are gradually moving forward, and it seems that a good mood of support is being created in which the people are united in their feelings toward the recovery and a natural sense of human warmth can be felt.

Media reports are gradually changing from the tragedy immediately after the disaster to a feeling of human warmth, and it is hard to put into words.

Without fear of misunderstanding, the universe (this world) is moving towards “evolution and improvement”, and we have been given life for this purpose. The earthquake is an action of the ki of destruction of nature (God) and a negative ki, but it can also be seen as a revelation to mankind. No, you have to take it that way. By doing so, you can change the destructive and negative chi into the positive chi…

There’s nothing I can do about what happened. The only thing left to do is to look at it from the front and turn it into something positive, and that’s what human beings are designed to do.

Before the disaster, only negative news such as abandonment of children, abuse, and murder were reported, and the miserable image of the Japanese people, which made you want to say, “Are we still human? The tsunami may have washed away the Japanese people’s wildly negative feelings about juvenile delinquency and parental abuse together with them.

However, there are a few things that have been bothering me. That’s because there’s a mood of self-restraint in the air in general… All kinds of celebratory events are being cancelled around me this week. A mood of self-restraint reminiscent of the year of Emperor Showa’s death can be felt, and one can’t help but wonder if this is really the right thing to do.

Maybe it’s the nature of businessmen, but an overzealous mood of self-restraint will be detrimental to reconstruction. The business community, which has been hit hard by the disaster, will be hit twice as hard, and we can’t help but worry that tourism-related businesses, which will be devastated by the nuclear power plant, will be in a terrible situation.

Let’s not be swayed by the mood of self-restraint, which seems to imitate the right, and let’s be cheerful and full of energy in Japan!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る