調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

新春放談

会長日記2011/01/06

新年明けましておめでとう御座います。

本年も週一ペースでブログを更新するつもりですので、「調査会社の社長ブログ」に目を通して頂いている数少ない賢者諸氏、今年もご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。また、時に何らかのメッセージが頂けたら幸甚に存じます。

弊社は5日より業務スタート。毎年の事ながら、5日は挨拶回りと決めており、その為車で会社に行くことにしている。毎年、その通勤途上の道路(1号線)の混み具合でその年の景気を予測しているが、今年は見事にガラガラ、何時もだと守口から高速に乗るが余りにもスイスイで、「これでは早く着きすぎる」と思い、下道を走って時間調整をしたくらいであった。と云うことは・・・・・。

でも日経新聞によると、大企業は今期3月期の株主配分10%増(業績回復で6兆円)とあり、大初会では景気良く株高でスタートしたらしい。非常に喜ばしい事ではあるが、個人的には今ひとつしっくり来ていない。

大企業の多くは増益基調にあるようで、それが景気回復による増収増益なら万々歳であるが、私にはどうもそうは思えない。この不況下での増益はコスト削減の効果によるところが大きく、ある意味腹立たしい思いがしている。

企業努力によるコスト削減等と云えば、言葉は良いが、実際は下請け泣かせや納入業者叩き、アルバイト、派遣、準社員など労働力の低コスト化を徹底的に行ってのものであり、周辺者を泣かせ自己の利益確保に重きを置く、アメリカ的経営姿勢が見え隠れして、どうにも喜べないのである。

回顧趣味ではないが、年功序列や運命共同体的企業体質で急成長を遂げた昭和40年代が懐かしく思えてならない。

こんな事を言っている様では弊社の将来は?、だけど何となく今年は明るい年になりそうな気がしている。極楽トンボかな・・・・。

I wish you a Happy New Year.

I will be updating my blog on a weekly basis this year as well, so I hope that you, the few wise people who read the blog of the president of a research company, will continue to patronize me this year. Also, I would be very happy if you could send me some messages from time to time.

We started our business on the 5th. As is the case every year, I have decided to go to the office by car on the 5th to say hello. Every year, I predict the economy of the year based on the congestion of the roads on the way to work (Route 1), but this year’s congestion was so great that I took the expressway from Moriguchi, but it was so easy that I had to drive down the road to adjust the time, thinking that I would arrive too early. That means…

However, according to the Nikkei newspaper, large companies are expected to increase their shareholder allocation by 10% for the fiscal year ending March 31, 2012 (6 trillion yen due to a recovery in earnings), so it seems that stocks got off to a good start with a strong start to the day. It’s a very pleasing thing to see, but it doesn’t quite fit with me personally.

Many large companies seem to be on a profit-making trend, and if this is due to the economic recovery, it would be all the better. The increase in profits during this recession was largely due to cost-cutting, which was annoying in a way.

The word “cost reduction through corporate efforts” sounds good, but the reality is that the company has been making subcontractors cry, hitting suppliers, and thoroughly reducing the cost of part-time, temporary, and associate workers.

Although this is not a retrospective interest, I can’t help but feel nostalgic for the forties, when the company grew rapidly due to a system of seniority and shared destiny.

What does the future hold for our company if we keep saying things like this? But I have a feeling that this year is going to be a bright one. A dragonfly in paradise….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る