調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

村木厚子

会長日記2010/09/28

 最近東京出張が多く、ついブログを書き損ねてしまう。すると、何処からか
「マッチャン忙しいんか・・・」等と電話が入って来る。有難いことだ・・こんな拙いブログでも、見てくれる人がいるらしい。感謝、感謝・・・

  そこで今日は少しお堅い話。今話題の村木厚子さんのこと。
彼女が今月号の文芸春秋に長文の手記を乗せている。無罪判決が出る前に、無罪判決を信じ、著していたものと思われる。

 その手記を読んでいてゾッとした。権力の怖さと云うか、権力を前に、
非力な者は全く太刀打ち出来ないのだろうな・・と云う事を思い知らされた。

 容疑を掛けられ逮捕されると、一般には仕事を失う。すると収入は途絶える、
ところが裁判を戦うには弁護士を雇わなければならない。また、戦う為には保釈もしてもらわなければならない。が、その為には保釈金がいる。
何と、村木さんの保釈金は1千5百万円だったと云う。その他に弁護費用も何十万か何百万か知らないが、
小市民ではとても払えるような金額ではない。

 村木さんは、定期預金から何から全てを取り崩し、何とか段取りしたと云う。
たまたま夫婦共働きの高級官僚故に用意できたたのであろうが、普通だと先ず無理。しかし、それが出来ないと裁判に勝ち目は無くなる。

 「地獄の沙汰も金次第」とはこの事か・・。

 特捜が動く検察捜査は、事前に判決までの筋書きをつくり、その筋書き通りに捜査し、
逮捕し、調書も筋書き通りに作られるらしい。こんな話は、今回に限らずで、前々から耳にしており、さも有りなんとも思っていた。だいたい、
検察が動く段階では、大半の事は判っており、捜査は真実を知る為ではなく、判決を得る為の証拠作りである。従って、
今回のような事が起きるのだが、しかし、村木さんが逮捕された頃の報道からすると、彼女を知らない人は百人が百人、
村木さんはクロと思ったと思う。多分検察のリークに基づく報道であろうが、「私は知らない・・」など、「この人は何を云っているの・・・」
くらいに感じていた。

 ところが本当はそうでなかった。

 特捜は何を根拠に動くのか?。多分相当真実味のある告発があり、これは絶対に遣れる、
との確信を元に捜査に入ったと思われ、最終的には政治家と高級官僚がターゲットであった思う。あらゆる情報、告発は吟味に吟味を重ね、
動く段階では既に頂上が見ていると思う。ところが間違いが起こる。

 私などずぶの素人が言うべきことでは無いかも知れないが、証拠のない情報や告発には、
とんでもない作り話がある。

 人が嘘を言う時は、何かそれなりの意図や目的があってと思う。
少なくとも私は長年そう思っていた。ところが60年余生きてきて、必ずしもそうで無いことを知った。この世には、
何の意図も目的も損得も無く、ただ単に嘘を言う人が居ると云うことを。

 私は今までに2人そのような人に出会った。
単に私がそう思っているだけかも知れないが、全くの作り事を延々と話す。しかも見事に具体的にリアリティーに、
聞いているほうは嘘だ等とは微塵も思わない。ところが、半年・1年後に100%作り事であったが事が明らかになる。しかし、不思議なのが、
何のために嘘を延々と話したのか、その理由が判らない。

 ただ、そのような人が居ることも事実であり、裁判は証拠主義でなければならないが、
証拠を調書に頼ると、この様な恐ろしいことが起こるし、また、そうしなければどうにもならない事もあるのであろう。この様な事を考えると、
難しくて訳が判らなくなるが、判ったことは、権力の怖さと、地獄の沙汰も金次第と云う現実だ。

 

I’ve been on a lot of business trips to Tokyo lately, so I’ve been missing out on writing my blog. Then, out of nowhere
I received a phone call saying, “Are you busy, Machan? I’m thankful that there are people who read my blog even though it’s not very good. Thank you, thank you…

So today, I’m going to talk about a little bit of a hard story. It’s about Atsuko Muraki, who is a hot topic right now.
She has included a lengthy memoir in this month’s issue of Bungei Shunju. It seems that he believed in and wrote the acquittal before it came out.

I shuddered as I read that memoir. It’s like the fear of power, you know, in front of power.
I was reminded of the fact that the incompetent would not be able to compete at all.

When someone is charged and arrested, they generally lose their job. Then your income will be cut off.
However, if you want to fight the case, you have to hire a lawyer. He also has to make bail in order to fight. But for that, there’s bail money to be made.
Mr. Muraki’s bail was set at 15 million yen. Other than that, I don’t know how many hundreds of thousands or millions of defense costs.
It’s not an amount that a petty citizen can pay very well.

Mr. Muraki said that he had taken everything out of his time deposit and managed to make arrangements.
It must have been prepared by a high-ranking bureaucrat who happens to be a married couple working together, but it would have been impossible in the first place. But if you can’t do that, you have no chance of winning the trial.

This is what they say, “The death of hell depends on the money”…

The prosecutor’s investigation, in which the special investigation is carried out by the special investigation agency, creates a plot in advance and investigates according to that plot.
Apparently, the arrest is made and the statement is made according to the plot. I had heard about this kind of story for a long time, and I thought it was a good thing. You know what?
By the time the prosecution moves, most things are known, and the investigation is not about knowing the truth, but about creating evidence to get a verdict. Therefore, the
Things like this happen, but from the coverage around the time of Muraki’s arrest, there are a hundred to a hundred people who don’t know her.
I think Muraki thought it was black. Maybe it was a report based on a prosecutor’s leak, but I don’t know…” and so on, “What is this guy saying…
I felt like I was in the middle of something.

However, that wasn’t really the case.

What is the basis for the Special Search? There are probably some very real accusations, and this is absolutely doable.
In the end, politicians and high-ranking bureaucrats were the targets of the investigation. Every information, every accusation has been vetted and vetted.
I think you can already see the summit in the moving phase. However, mistakes happen.

I know it’s not the right thing for a layman like me to say, but I’m not going to take information or accusations that don’t have evidence.
It’s a hell of a story.

When people tell a lie, I think they have some kind of intention or purpose.
At least that’s what I’ve thought for years. However, after more than 60 years of living, I have learned that this is not always the case. In this world.
There is no intent, no purpose, no gain or loss, just a person who simply tells a lie.

I’ve met two such people in my life.
It may simply be that I think so, but I’ll go on and on about utterly making things up. And it’s brilliantly concrete and realistic.
The listener doesn’t think it’s a lie at all. Six months and a year later, however, it became clear that it was 100% a fabrication. But the strange thing is.
I don’t know why he told the lie so long and for what reason.

It is true, however, that there are such people, and trials should be on an evidentiary basis, but
Such horrible things can happen when relying on documentary evidence, and they can’t help it if they don’t. When you think about things like this.
It’s difficult to understand, but what I found out is the reality that the fear of power and hell depends on money.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO