調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

第45回近畿國賀会

会長日記2010/05/25

昨日(23日、日曜日)大阪市西区の徐園で第45回近畿国賀会総会及び懇親会が開催された。
前年度までは小生がこの会の会長を務めていたが、今期同級生の奥本晃久氏(元、小学校校長)にバトンを渡し、
顧問と云う極めて気軽な身分で参加する事ができ、今年は存分にその場の雰囲気を楽しむことが出来た。

当日は朝から本格的な雨で、参加予定者の出足を心配したが、雨なんて何のその、12時開催の予定にも関わらず、
早や10時30分頃からぞろぞろとうけつけに並び始め、11時30分には参加予定者の90%が集まっていると云う、
普通の会合では考えられない様な状況。それだけ皆が楽しみにしていると云うことなのでしょう・・・。世話役としては、
ある意味大変ではあるが、出足が早いのはホッとする。

小生は、本来時間厳守と云うか、どんな会合でも5分も前に入る事はなく、1分を前後すると云うのが何時ものパターン。ところが、
この郷土会をお手伝いする様になって、つくづく感じた事が、余りに時間ギリギリと云うのは、
主催者に何かといらぬ心配を掛けるものだと云う事であった。以後少しは時間に余裕を持つ事にしよう・・・。

懇親会は、郷里西ノ島町より「隠岐民謡を歌う会」のキャラバン隊と、4月の隠岐人会に続き、
演歌歌手「かつき奈々」さんを迎え、
隠岐の恋歌」を熱唱して貰った。
参加者の中には始めて耳にされた方もおられたようだが、私の周辺は「隠岐の恋歌」のフワンクラブ代表的なつわものばかり。行き付けの北のスナック等では、
國賀会のメンバーの顔を見るが早いか「隠岐の恋歌」のメロディーが流れる。小生などはドアを開ける前、
エレベーターを降りた途端に、「花が咲く春なのに あの人は帰らない  たずむ國賀海岸(くにがはま) 夕陽に泣けてくる ♪♪・・・
と、早くもCDがかかってくるくらいである。従って、「かつき奈々」さんが歌唱指導をする段になると、我先にと舞台に上がるメンバーが続出・・・
それはそれは楽しい賑やかな郷土会であった。

さて誰でしょう・・・。美声が今にも聞こえて来る感じ・・・でも、何故か奈々ちゃんがこけかかっている。

國賀会 004_t

 

國賀会 006_t

 

「隠岐民謡を歌う会」の代表  私の一級先輩

國賀会 010_t

田舎の綺麗どころ・・・。

國賀会 011_t

國賀会 003_t

一次会には二次会はつきもの、二次会には三次会がつきもの。
何時果てるともない同郷の士の集いは、何時になくで無く、何時ものように続くのであった・・・・。

The 45th Kinki Kokaga Kai General Meeting and Party was held yesterday (Sunday, 23rd) at Xu Yuan in Nishi-ku, Osaka.
I had been the president of this association until last year, but this term I passed the baton to my classmate, Mr. Akihisa Okumoto (a former elementary school principal).
I was able to enjoy the atmosphere of the event as much as I could this year.

It was raining in earnest from the morning of the day, and we were worried about the turnout of the participants.
As early as 10:30 a.m., people started lining up to receive the tickets, and by 11:30 a.m., 90% of the participants had gathered.
A situation that would be unthinkable in a normal meeting. That’s why people are looking forward to it…. As for the caretaker.
In a sense, it’s hard work, but I’m relieved to see how fast it’s going.

I’m always punctual, or rather, I don’t come in five minutes before any meeting, but I’m always one minute ahead or behind. However.
When I started helping out at the town hall, I realized that the time is too short.
I was worried about the organizers. After that, I’ll have a little more time to spare…

The party was held with a caravan of “Oki-minyo-singing group” from Nishinoshima-cho, our hometown, following the Okijin-kai in April.
We welcomed “Nana Katsuki”, an enka singer.
I asked them to sing “Oki no Koi Uta” enthusiastically.
Some of the participants seemed to have heard of it for the first time, but the people around me were all the representative members of the Hwan Club of “Oki’s Love Song”. At your favorite northern snacks, etc.
I saw the faces of the members of the Kokugakai, but the melody of “Oki no Koi Uta” was played. I, for example, had to open the door before I could.
As soon as I stepped off the elevator, I thought to myself, “It’s spring when flowers bloom, but that man won’t go home. Kuniga beach where he lives makes me cry under the setting sun.
The CD was already playing. Therefore, when Nana Katsuki is ready to teach singing, there are many members who go on stage ahead of her…
It was a very pleasant and lively hometown meeting.

Now who is it… I feel like I can hear her beautiful voice at any moment…but for some reason, Nana’s on the edge of her seat.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO