調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

戦艦大和

会長日記2010/03/24

男のロマン、憧れの戦艦大和
こんな書き出しだと、「お前は右翼か?、戦争推進論者か?」などと云われそうだが、決してそんなのではない。ただ、大和が好きなだけ、
特に理由はない。それでもと云われれば、余りにも淋しい最後に、何かひかれるものが・・・。

理由はどうあれ、とにかく戦艦大和が見たかった。呉に大和が帰還(10分の1にちじまって)
したとの情報を得たのが3年ほど前。以来一度行って見たいと思っていたが、中々その機会に恵まれなかった。たまたま、この3連休、
ゴルフの誘いもデートの申し込みもなかったため、妻と2人の小旅行を企画。尾道から西条を経て呉へ。そう、
最後にじっくり大和ミュージアムhttp://www.yamato-museum.com/を見学しようと考えたわけである。
ところが時間配分など全く考えず、極めて大雑把な計画であったため、呉港に着いたのは22日の11時過ぎ、
帰宅の交通渋滞を考えると2時過ぎには出発しなければならない。それでも3時間、
じっくりと大和ミュージアムと隣にある海上自衛隊資料館を見学することができた。

 

千光寺から眺めた尾道の絶景

 

大和 002_t 大和 001_t

大和 003_t

大和 004_t

大和 006_t

 

西条の酒蔵(賀茂鶴酒造)

大和 007_t

大和 008_t

 

戦艦大和

大和 009_t

大和 010_t

大和 011_t

大和 012_t

 

大和ミュージアムの向かいにある海上自衛隊資料館と潜水艦

大和 013_t 大和 014_t

A man’s romance, the longing battleship Yamato.
With a post like this, it’s like, “Are you a right-winger? Are you a pro-war person? This is not the case at all. It’s just that I like Yamato.
No particular reason. But if you say so, there is something to be attracted to in the end that is too lonely…

Whatever the reason, I wanted to see the battleship Yamato anyway. Yamato returns to Kure (in one-tenth of a second)
It was about three years ago that I got the information that I did. Since then, I’ve been wanting to go and see it once, but I haven’t had the opportunity to do so. It just so happens that the last three holidays.
Since there were no golf invitations or date applications, he and his wife planned an excursion for the two of them. From Onomichi to Kure via Saijo. Yes.
Last but not least, the Yamato Museum: http://www.yamato-museum.com/

This is the reason why I decided to visit the museum.
However, I arrived at Kure Harbor at just after 11 o’clock on the 22nd, because I had no idea of the time allocation and had a very rough plan.
Given the traffic on the way home, we had to leave just after two o’clock. That’s three hours.
We were able to visit the Yamato Museum and the Maritime Self-Defense Force Museum next door.

The magnificent view of Onomichi from Senkoji

One thought on “戦艦大和”

  1. 初めまして、愛媛の43歳です。戦艦「大和」の記事拝見させて頂きました。私は中学1年の頃プラモデルから「大和」を知り、まず造形美に惚れその流れで旧海軍艦艇に興味を持ち歴史や戦史を学び書籍や写真集など多くを読見し、収集もしてまいりました。ここ5年、西日本を中心に若い頃から行きたかった旧陸海軍関連史跡や慰霊碑を訪ねています。社長様が行かれた所は殆ど行かせて頂きました。中でも流石と思ったのが「賀茂鶴」です。私も行って来ました。4月7日鹿児島・枕崎での戦艦「大和」以下第二艦隊戦没者追悼式に慰霊酒として持って行く為に…私は個人的に戦艦「大和」元乗組員で沖縄特攻からの生還者(福山市在住)と親交があり、2月にご自宅を訪ねた翌日、三原の「醉心」、西条の「賀茂鶴」、呉の「千福」を訪ね呉に宿泊したのです。記した3種の酒は「大和」が沖縄特攻出撃前夜、三田尻沖で最後の宴で将兵が飲んだ酒であり「賀茂鶴」は士官以上の者しか飲めなかったそうです。呉には年2〜3回伺っていますが必ず1泊2日で「呉に行った事が無い者」、「大和を知らない者」、「県内外の知人」等を連れて行き、かつて東洋一の軍港だった呉の歴史や文化、旧海軍関連史跡、現・海上自衛隊、グルメ、名物屋台、等々を案内し満足頂いてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る