調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

我とは何ぞや

会長日記2009/11/13

天風会の講師養成研修を受講している関係で、
天風哲学心身統一法に関するレポート提出のご下命が度々ある。
その中、何とも難しい問題が出た・・・。「人生は一回限り」されど
「霊魂は不滅」
のテーゼについて1200字内外にまとめ提出せよと云う。正直、
この命題に確信を持ってレポートが書けたら悩むと云うようなことはなくなるかも知れないが・・・。

レポート提出は義務であり、判らないなりに自分が普段考えている事をまとめて提出する事にした。
今日はその訳の分からないレポートを添付させて頂きます。どなたかご意見を頂ければ有りがたいです。


「人生は一回限り」
されど

「霊魂は不滅」
  松谷 廣信


人生は一回限り」、
所謂、この世に生を受け、この肉体とこの心を持っての我が人生は
1回限り、
2度とは無い。例え輪廻転生を信じ、再びこの世に、人として生まれる事が出来ても、自覚の上では、
この肉体とこの心を持った私ではない。この身この心を持った私の人生は誰が何といおうと1回限りである。従って、
人生は取り返しはつかない。この世に生まれた以上、絶対に生まれがいの有る人生に活きなければ嘘である。
ところが真我本当の我は不滅であると天風先生は言う。
そして、信念的自覚念
我とは何ぞや」が判れば、
肉の呵責も、
人の世の非業も夢幻の如く消え失せて、無限至上なる歓天喜地の世界現れん」
とおっしゃっている。


所謂、「霊魂不滅」。これは教えられて分かるものではなく
悟り」の世界であり、
我とは何ぞや、真の我は「霊魂」なり、
と云うことを理論的に説明することは私にはとうていできないが「霊魂は不滅」と云うテーゼは、
多分そうで有ろうと自分なりに理解はできる。


 無から有はなく、有は無にならない、と同様で、
この世に生を受ける前の自分があったことは否定できない。それを「霊」というか「気」と云うかは別にして、何かがあった事は否定できない。
デカルトは「我思う故に我あり」と説いたが、全くその通りで、全てを否定しても思っている自分を否定することは出来ない。
この物質界にある全てを仮想とし、一現象に過ぎないとして否定することは出来ても、
その事物事象を知覚し思考している自分を否定することは出来ない。その事と同様に、我のこの肉体が滅んでも、生まれる前の我(真我)
に帰るだけで、物質としての肉体はなくなるが真の我(霊魂)は無くなることはない。姿形あるものは変化し消滅する事はあっても、
元々姿かたちのないものは多分100%消えると云うことはないのでは、一旦した思考は無には成らないし、
一旦出した音声も完全な無にはならい。真我といわれる霊魂も姿かたちのないもので無にはならない。ただ、こうした理論は、
自分なりの理論のための理論であり、何の意味もなさない様に思う。


我とは何ぞや」、真正の自己(真我)
を正しく信念する自覚意識(信念的自覚念)を確立するには、
心を修練して常に霊的境地にその心を置くことによる外はないと先生は説かれており、その為に、人生に対する特定の意識観念を確立する
(真我は肉体という仮衣を着ているなどの思量)ことが必要となる。その事が心を霊的境地におく準備過程となるので、
少なくともこの事を信念化し、安定打坐をことあるごとに行う事により、
自我本質の自覚
に目覚め、表題のテーゼにキチッとした説明、レポートが書けるような自分になるため努力いたします。

 

Because I am taking the teacher training course of the Tenpukai
We are frequently asked to submit reports on the Tianfeng philosophy and the Unification of Mind and Body Law.
Among them, there was a very difficult problem… You only live once, though.
You are asked to submit a summary of the thesis of “The Spirit is Immortal” in 1,200 words or less. Honestly.
If I could write a report with confidence on this proposition, I might not have to worry so much about it…

I was obliged to submit a report, so I decided to summarize what I was thinking about and submit it.
Today I’m attaching a report that doesn’t make sense. If anyone can give me an opinion, I would appreciate it.

You only live once, though.

The spirit is immortal.” Hironobu Matsutani

“You only live once,
So to speak, I was born into this world with this body and this mind, and my life is a one-time thing.
It won’t happen again. Even if you believe in reincarnation and are born again in this world as a human being, you will not be able to be aware of it.
It’s not me with this body and this mind. My life with my body and my mind is a one-time thing, no matter what anyone says. Therefore, the
Life is irrevocable. It is a lie if you are not living a life that is absolutely worth being born in this world.
However, the true self, the real self, is immortal, says Master Tenpou.
And with convictional awareness.
When you know what you are.
“I have no pangs of flesh.
The wickedness of the human world will disappear like a dream, and the world of infinite supremacy and joy will appear.

It is called “spirit immortality”. This isn’t something you can be taught.
It’s a world of enlightenment.
I am what I am, and the true self is the spirit.
However, the thesis that “the spirit is immortal” is not so easy to explain theoretically.
I can understand in my own way that this is probably the case.

From nothing there is no being, and the being does not become nothing, and so on.
It is undeniable that there was a me before I came into this world. Whether you call it “spirit” or “chi”, it is undeniable that something happened.
Descartes said, “I think because I am,” and he is absolutely right. Even if you deny everything, you cannot deny what you think.
We can deny that everything in this material world is virtual and just a phenomenon, but
You can’t deny yourself that you are perceiving and thinking about that thing or event. In the same way, even if this body of mine perishes, the unborn self (true self)
The true self (spirit) will not disappear, although the material body will disappear. All things in form can change and disappear, but
A thing that has no form to begin with is probably not going to disappear 100% of the time, but once you think about it, it doesn’t come to nothing.
Once the voice is out, it is not completely nothing. The spirit called the true-self is also formless and does not become nothing. It’s just that these theories are
It’s a theory for my own sake, and it doesn’t seem to make any sense.

What is the Self, the true Self?
In order to establish a sense of self-consciousness (belief-awareness) that correctly believes in
He teaches that there is no other way to cultivate the mind and always place that mind on a spiritual plane, and to do so, establish a specific awareness of life.
(The True Self is wearing a temporary garment called a body, etc.). This is the process of preparing the mind for the spiritual realm.
At the very least, by believing in this and doing stable dakiza every now and then, you will be able to
“Awareness of the true nature of the self.
I will try my best to become a person who is able to write a thorough explanation and report in accordance with the thesis of the title.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO