調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

奉仕のつもりが奉仕され・・

会長日記2009/02/27

昨日、2月26日(木)、北浜の開平小学校の生徒4名と引率の先生1名が弊社に来た。

これは、所属する大阪船場ロータリークラブの奉仕活動の一環で、地域の子供たちに何かできることは無いかとの考えから、
大阪船場地区にある唯一の小学校(開平小学校)に声がけをしたところ、校長先生より、「本校の立地は、商都の中心地に在り、
昼夜の人口差が極端で住居スペースが少なく、従来の地域社会の存在が成り立ちにくいところになっている。子供たちは、
家庭と学校との往復だけで、地域の大人と日常的に接する機会が殆どない。そこで、ロータリーのオーナーさんに地域の大人として子供たちに、
これまでの人生経験や未来を担う子供たちに託すメッセージを話してやって頂けないか・・・」との提案があり、
それを受けての企業訪問であった。

午前10時15分の来社予定であったが10時には到着したとの受付からの電話。慌てて出迎えに行き、6階の私の部屋に案内。
子供達は一寸緊張気味であったが皆がいっせいに”お早うございます”と元気よく挨拶、
その後6年生の一人が代表となり、”おいそがしいなか、私たちのために大切な時間を取って頂き、
本当に有り難う御座います
”と立派な挨拶をしてくれた。余りにキチッと挨拶をされ、こちらが一寸とまだってしまった。

校長先生からは「お話をメインに・・」との事であったが、話ばかりでも・・と思い、この地の通称弁護士村とか司法村と呼ばれる地域
(裁判所、法務局、警察、弁護士会館)を一通り案内し、その後10時30分から1時間、私の生い立ちと人生観、職業観をお話させて頂いた。
たいした面白くもない話であったとおもうが、それでも子供達は1時間、真剣な眼差しで一生懸命に聞いてくれた。

とてもありがたかった、正直、子供たちへの感謝の気持ちでいっぱいになった。「地域の子供たちに何かしてあげよう」
との思いから企画されたものであったが、終わってみれば逆に、子供たちに奉仕されていた事に気がついた。つたない自分の人生を語り、
それを真剣に聞いてくれた子供たちに、本当に感謝感謝でいっぱいになった。得がたいとても幸せな一日であった。

Yesterday, February 26 (Thursday), four students and a teacher from Kaihira Elementary School in Kitahama came to our company.

This is a part of the service activity of the Rotary Club of Osaka Senba to which I belong, and I thought that there is something I can do for the children in the community.
When we contacted the only elementary school in Osaka’s Funaba district (Kaipira Elementary School), the principal said, “Our school is located in the center of a commercial city, and we are proud to be a part of the
The extreme population gap between day and night and the lack of living space makes it difficult for a traditional community to exist. The children.
With only a few trips to and from home and school, there is little opportunity for daily contact with adults in the community. So, I would like to ask Rotary owners, as adults in the community, to ask their children
It was suggested that he could tell us about his life experiences and the message he entrusted to the children who will carry the future…
In response to this, I visited the company.

The receptionist called to say that he was scheduled to come to the office at 10:15 a.m., but that he had arrived by 10 a.m. I hurriedly greeted him and showed him to my room on the sixth floor.
The children were a little nervous, but all of them greeted each other cheerfully, “Good morning!
Afterwards, one of the sixth graders represented us and said, “Thank you so much for taking the time out of your busy schedule to help us.
Thank you very much,” he gave me a respectful greeting. I was greeted so tightly that I was a little out of place.

The principal said that it was a “story in the main”, but I thought it was only a story, and the area called the lawyer village or the judicial village of this place commonly called
After that, from 10:30 a.m. to 1 hour, I talked about my background, my outlook on life and my profession.
I’m sure it wasn’t a very interesting story, but the children listened intently for an hour with serious eyes.

I was so grateful, honestly, I was filled with gratitude for the kids. Let’s do something for the kids in the community.
It was planned from the thought of “I’m not going to do this”, but when it was over, I realized that I was serving the children, on the contrary. I told my life story.
I was truly filled with gratitude and appreciation for the kids who took it so seriously. It was a very happy day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO