調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

感動

会長日記2008/12/15

早や師走。12月は「師も走るほどに忙しい」と云うが、その通りで、師が走るくらいだから凡人はなおさらである。超多忙、「何が」、
「資金繰りが」と云うのが関西人の乗りで、昨年までは少々資金繰りが忙しかろうが何だろうがジョークを言い合い遊んでいたが、
今年の年末はそうも行かない。リーマンショック以後の不況は余りにも急激で、
少々の事はジョークで笑い飛ばしていた小生の友人達も今ひとつ顔色が冴えない。そこで、
こんな年は早く忘れてしまおう」という事なのか、やたらと忘年会の誘いが多く、
先週は日曜から金曜まで6日連続の飲み会となった。東京で2日、大阪で4日と続き流石にこたえた。

その中、東京の行き返りで読んだ本が、「太郎が恋をする頃までには・・・」(栗原美和子 筆)。
書き出しは何だ・・・と云う感じであったが、読み進むに連れて恐いほどに入り込まされ、字が霞んで見えなくなる、
車窓の風景に目を転じ涙をごまかす、その繰り返しであった。何故それほどに感動したかと云うに、
文体からしてノンフィクションの社会派私小説としてとらえていたから。ところが実際は、
ノンフィクションとフィクションを入り混ぜて私小説にしたものである事が判り、何とも云えない複雑な気持ちになった。「こんなの有りか・・・
?」と云う感じ。

ところが一昨日の土曜日、2660地区のロータリーの地区大会のフィナーレで聴いた「佐藤しのぶ」の歌声、同じ涙でも全く違ったものであった。
60年間の人生で、正直、歌と歌声に涙したと云うのははじめてであった。それも、気がついたら涙が溢れていた・・・と云う感じ。
何とも云えない感動であった。

It is said that December is “so busy that even the master is running”, which is true. Super busy, the “what,
The “cash flow” is what the Kansai people used to say, and until last year, we used to joke around with each other about the cash flow.
The end of the year doesn’t go so well. The recession that followed the Lehman shock was so rapid that
My friends, who had laughed off a few things with jokes, were still not looking well. So.
I was invited to a year-end party a lot.
Last week was the sixth consecutive day of drinking from Sunday to Friday. It was the second day in Tokyo and the fourth day in Osaka.

One of the books I read on my way back to Tokyo was “By the time Taro falls in love…” (written by Miwako Kurihara).
The beginning of the book was like…what the hell…but as I read on, I was so engrossed in it that I couldn’t even see the characters.
I rolled my eyes at the scenery from the train window and fought back tears, and so on. The reason why I was so impressed is because…
I thought of it as a non-fiction socialist private novel because of its writing style. In reality, however.
I had mixed non-fiction and fiction and found it to be a private novel, which gave me mixed feelings. “You can’t have this…
Huh? It’s like this.

But the day before last Saturday, at the finale of Rotary’s District 2660 district conference, I heard Shinobu Sato singing, and even though it was the same tears, it was very different.
Honestly, it was the first time in my 60 years of life that I could say that I was moved to tears by the song and the voice. The next thing you know, you’re bursting into tears…
It was an indescribable impression.

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO