調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

清々しい彼岸

会長日記2007/09/26

秋分の日、「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、
今年のような残暑厳しい天候異変の中でも、彼岸の声を聞くと同時に、朝夕はすっかり秋の漂いが感じられる。特に今日の目覚めは秋そのもので、
気がつくと腹の上にタオルケットがかかっていた。爽やかに目覚めると同時に、布団の上で天風式ひとり按摩を行い、
感謝念で布団を揚げ、洗顔の後プラナヤマ呼吸法、呼吸操練、統一式運動、平和建設運動(積極体操)を実施し

その後愛妻のつくってくれた朝食に舌鼓をうつ。そして8時過ぎ出勤の途についた。

こう書いてみると中々感心な天風会員である。気持ちの中では常にこうありたいと願っているが、思うように行かないのも人生。ただ、
思わなければ絶対に成らない。故に、思いだけは崇高なものを持ち続けることにしている。

話は変るが今日、福田内閣が誕生。総裁選は福田さん圧勝と予想されていたが、麻生さんの頑張りも目を見張るものがあった。何となく、
日本人の持つ中庸心が働いたのかとも思うが、それはそれで良かったのでは・・。先週、東京の行き帰り新幹線の中で、
麻生太郎の「とてつもない日本」を読んだ。
マスコミや評論家は、事あるごとにダメ日本をまくしたて、「とんでもない日本」と結論づけるが、この本は、
如何に日本が素晴らしいか・・、皆もう少し自信を持とうではないか・・?、と呼びかけている本であった。
政界の中枢にいる人だけに、当たり前と言えば当たり前だが、それにしても清々しい読後感であった。

清々しさついでにもう一つ清々しい話し。24日の祭日、妻と娘の3人でシネックス枚方へ・・。最近少しはまっている映画鑑賞、
特に何が観たくてという訳でもなかったが娘が「ミス・ポター
(ピーターラビットの作者)が観たいというので、それに付き合うことにした。映画評論は上手くできないが、只ただ良かった。
風景の素晴らしさと主人公ミス・ポターの純で自然そのものの心がピッタリとマッチして、何とも清々しい綺麗な映画であった。

On the day of the autumn equinox, it was well said that “heat and cold do not stop until the last day of the year”.
Even with the lingering heat and anomalies in the weather like this year, we can feel the drift of autumn in the mornings and evenings as soon as we hear the voice of the equinox. I especially woke up today to autumn itself.
The next thing I knew, there was a terrycloth over my belly. As soon as I woke up refreshed, I did a one-man Heavenly Wind Massage on the futon.
After washing the face and lifting the futon with gratitude, Pranayama breathing exercises, breathing exercises, unification exercises and peace building exercises (positive gymnastics) were performed.
Afterwards, I ate the breakfast my beloved wife made for me. And then I was on my way to work after eight o’clock.

He is a very impressive member. You always want it to be this way in your mind, but life doesn’t go the way you want it to. Just…
If you don’t think about it, it will never happen. Therefore, I will hold on to the sublime only in my thoughts.

On a different note, today, the Fukuda cabinet was born. The presidential election was expected to be a landslide victory for Mr. Fukuda, but Mr. Aso’s efforts were also striking. I don’t know.
It may be that the moderate spirit of the Japanese people worked, but I think that’s a good thing… Last week, on the bullet train to and from Tokyo
I read Taro Aso’s “Japan at its finest”.
The media and critics have been spreading the word about a no-good Japan at every turn, and concluding that it’s a “no-good Japan,” but this book is a
How wonderful Japan is….don’t we all need to be a little more confident…? It was a book that called out, “I’m going to do this.
It would be natural to say that it is only natural for a person at the center of the political world, but even so, it was a refreshing experience after reading it.

On the national holiday of 24th, my wife and daughter and I went to the multiplex Hirakata. Watching movies, which I’m a bit addicted to these days.
I didn’t really want to see anything in particular, but my daughter saw “Miss Potter.
(author of Peter Rabbit) wanted to see it, so I decided to go along with it. I can’t do a good movie review, but it was just good.
The splendor of the scenery and the innocence of the main character, Miss Potter, and the heart of nature itself matched perfectly, and it was a beautiful and refreshing film.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO