調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

もう一度会いたい

プライベートな話2007/07/10

何となく意味深なタイトル。但し、私の内訳話を書こうというのではない・・・残念。

これは、私の友人、佐藤あつ子さんが今回出版した本の題名である。彼女は、知る人ぞ知る、
知らない人はサッパリ知らない、そんな有名人である。調査業界の中でもある意味異色。難関国立大卒の才女であるが、どう云う訳か、
この調査業会に身をおいている、それも可也古い(歳は若いが・・・)。彼女の話によると、元々は
初恋の人にもう一度会いたい」、その思いが嵩じ、
初恋の人を捜し始めたのがそのまま仕事に成った云う事らしい。従って、会社の名前も、そのものズバリ、「?初恋の人探します社」である。

その彼女が今回2作目の本を書いた。初版は、社名のとおり「初恋の人、
探します
」で、私の親友、東田俊康が書いた「探偵がゆく」と同じ出版社、
遊出版によるものであったが今回は「草思社」からの出版である。それも自費出版ではなく、
作家として依頼があったからである。

先週、彼女からサインキスマーク付の素敵な本が贈られてきた。早速読み始めたが初版とは一味違い、中々の出来である。
少し大人になったあっちゃん(彼女の愛称)の姿が見え隠れする。少し大きくなった、ではなく大人になった。決して間違ってはいけません。

とにかく感心するのは、彼女、御歳うん才にして昨年より法科大学院に学んでいる。
会社経営をしながら大学院に学び、その上本の出版である。とんでもない忙しさだと思うが、業界活動にも顔を出してくれる。そんな中にあって、
歳も身体も成長しているのである。 まさしく女と靴下である(少し古すぎるか・・・)。

私には今ひそかに思っている事がある。あっちゃんの司法試験合格祝い・・・、
日本丸での日本一週旅行するか、飛鳥での世界一周旅行にするか。

Somehow the title makes sense. However, I’m not going to write my breakdown story…too bad.

This is the title of a book that my friend, Atsuko Sato, has just published. She’s one of those people who knows…
He is such a celebrity that those who don’t know him don’t know him at all. In a way, it is unique in the research industry. She graduated from a difficult national university, but for some reason
I’ve been in this survey business association for a while now, and I’m pretty old (although I’m young…) According to her story, she was originally
“I want to see my first love again.
I started looking for my first love and it turned out to be a job. Therefore, the name of the company is exactly what it sounds like: “? Hatsukoi no Hitomi no Hitomi no Hitomi no Hitomi Kanshimasu Company”.

She has now written her second book. The first edition, as the company’s name suggests, was called “First Love,
In “I’ll look for it”, my good friend Toshiyasu Higashida wrote “Detective ga yuku”, which was published by the same publisher
It was first published by You Shuppan, but this time it was published by Soshisha. And it wasn’t self-published.
It was because I was asked to be a writer.

Last week, she presented me with a nice book with a kisma on it to sign. As soon as I started to read it, it is a bit different from the first edition, and it is quite good.
You can see that A-chan (her nickname) has grown up a bit. I got a little bigger, not more mature. You can never go wrong.

Anyway, what impresses me is that she has been studying at a law school since last year, even though she is very old.
He studied graduate school while running a company, and then published a book. I’m sure it’s a lot of work, but he’s also very active in the industry. It’s in the midst of all this.
They are growing in age and body. It’s just a woman and her socks (a little too old…).

I have something I’m secretly thinking about right now. Achan’s passing the bar exam…
Either a week-long trip to Japan with Nippon Maru or a round-the-world trip with Asuka.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO