採用と人権 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

採用と人権

2016年02月16日

 一昨年末、神奈川県の老人ホームで相次いで3人の老人が施設の4階及び6階から転落死した事故(事件)があったが、今朝の新聞報道によると、それは事故ではなく事件で、同施設の介護職員(23歳男性)が容疑者として逮捕されたとのこと。同容疑者は、事件後もそのまま同施設で普通に就業していたようで、その後、入居者の財布を盗むという窃盗を働き、懲戒解雇になっていたらしい。

 また、関連報道によると、他の老人ホームでも虐待行為は相当数ある模様。尚、事件のあったホーム及び経営する会社に対しては、厚労省は介護保険法に基づき業務改善勧告を行っており、その対策が急がれているとある。

 こんな事件報道があるたびに小生が思うのは、どんな法律、いかなる対策をしようとも、人がそこに介在している以上、100%の問題解決策は不可能のように思う。如何なる対策、改善も事件が起きてからでは、すでに遅し。また、犯人が逮捕されたところで、それはただそれだけの事。亡くなった命が蘇る訳ではない。

 何よりも大切なのは、そうした事件事故を起こさないことである。人が介在した事件事故の最大の要因は、いうまでもなく人である。

 従って、企業は、いかなる仕事に、いかなる人を雇うかが事件事故の未然防止の第一関門となる。その関門を突破するには、適材と思える人を、公平に選考して採用することである。その為には、応募者を詳細に調査して、その会社、その職種に適応する人を選び出す事では無かろうか・・・。

 今回の事件がアメリカであったなら、まず第一に問題になるのは、容疑者のバックグランド、すなわち履歴や性癖などでは無かろうか。会社が、その人物を採用する際に、その人のバックグランドを詳細に調べたか否かである。その事によって、会社の使用者責任の度合いが大きく違ってくるからである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2016/02/post_834.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK