怪文書 |

調査会社の会長ブログ

怪文書

2016年11月25日

最近、小生宛に怪文書が届いた。内容は、弊社の社長と小生との仲を裂こうとする意図が見え見えのもの。それは別にいいとして、小細工がふるっており、正直感心した。こんな知恵が働くのであれば、その知恵をもっと社会の為に働かせたらと思い、非常に残念に感じた・・・。

その怪文書は郵便封書で弊社に届いた。届いたと云うのは適当な表現では無いかもしれないが、郵便配達員が配達してくれたので、やはり届いたと云う事になる。

その封書。実は差出人は弊社の名前で住所も一字一句間違ってなく、弊社の住所である。あて先は、某企業宛で、その某企業も、小生にとっては口にするのも嫌なくらいの企業名である。

所謂、小生が非常に嫌っている企業宛に、弊社の小生が封書を郵便で送ったと云う形を取っている。ところが郵便切手は2円切手が貼られていただけ。ここがこの小賢しい人間の悪知恵・・・。

郵便屋さんは82円切手が貼られていなければ、宛先に届けてくれない。2円切手では届けられないから、その郵便封書は差出人に返すしかない。ゆえに、郵便屋さんは、この小賢しい悪知恵の働く御仁の意図通り、この封書を弊社に届けてくれたのである。

理屈っぽくなるが、この御仁は、手間は別として、実質2円で、小生宛に怪文書を送り付ける事が出来たと云う訳である。

こんな小細工は彼らの世界では常識なのかもしれないが、小生はこの御仁の小賢しさに感心する事しきり。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2016/11/post_1029.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK