ビックリポンのはなし・・。「彼、未だ生きてるの・・・・」 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

ビックリポンのはなし・・。「彼、未だ生きてるの・・・・」

2016年03月10日

弊社で先週リサーチ(採用調査)したビックリポンの話。

 

「被調査人の履歴書」

氏名  ○ ○      生年月日 昭和35年◗月◗日生(55歳)

現住所 大阪市中央区      

昭和58年3月 横浜国立大学経済学部○○学科 卒業、

昭和58年4月 ㈱○○  入社

同 63年7月  同社  退職

昭和63年8月 ㈱○○テクノロジー  入社

平成19年○月  同社  退職

平成19年8月 ㈱○○ ホーム  入社

同 28年2月  同社  退職

 

(職務経歴書)

 ㈱○○ホーム(平成19年8月〜同28年2月)

 平成19年8月 ○○事業本部○○推進部課長 配属

 土地活用、賃貸マンションの営業企画業務に携わる

 平成20年4月 土地活用セミナーを税理士や経済人を交え実施し、各新聞社と提携セミ    ナーの企画を提案、以後同様のセミナを年5回実施。

 平成22年4月 関連子会社○○へ出向。資産活用事業部部長に就任。関西エリアの管理運営に携わる。

 平成25年4月 社内組織の再編・新研修システムの人材育成に従事し、スキルアップと人材育成の基礎を構築する。

 平成28年2月 希望退職募集に応募し退職

云々とある。尚、同社以前の2社の職務経歴書は3ページにわたり年月、職務内容、実績等、極めて詳細に申告されており、自己PRとしては申しぶんない履歴書となっていた。

 

 上記履歴書に基づき弊社でバックグランド調査を実施。

「調査報告書の概要」

 学歴の確認には至らなかったが、職歴は全くのデタラメで、未申告の職歴も判明し、家族欄には「妻あり」と申告しているも、現住所には単身住まいで、妻の存在は確認されなかった。

 前職、㈱○○ホームの勤務期間は平成21年に1ケ月在職しただけで退職。退職理由は、在職中に警察に詐欺と窃盗(横領)容疑で逮捕され、出勤できなくなった為、会社が一方的に退職手続きを取ったもの。

 本人は、㈱○○住建(未申告の職歴)在職中に、住宅建築を請け負った顧客から手付金名目で現金をだまし取り、工事費も着服したとして、詐欺と業務上横領の疑いで逮捕されており、禁固○年の判決で収監され、最近出所してきたものである事が判明。従って、申告履歴の大半は詐称されたものであり、「採用は不適当」と判断せざるを得ない。

 前々職(未申告の勤め先)の同僚は、開口一番「エッ彼は未だ生きているの!、てっきり神戸港に沈んでいると思ってたのに・・・。そう・・未だ生きているのか?。詐欺と横領だけで飯を食ってきている奴だよ・・。そらしっかり調べなあかんわナー」。

 

 そう―、一般常識を持った普通の人は、「そら調べなあかんはナー」と云ってくれるが、これが逆の立場(被調査人)になると、「調べるなんてもっての外・・」となり、プライバシーと個人情報を曖昧にし、プライバシー権を錦の御旗の如く高々と掲げ、利己主義に徹した論調で物申す人が多くいるのも事実。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2016/03/post_854.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK