隠岐は 絵の島 花の島 |

調査会社の会長ブログ

隠岐は 絵の島 花の島

2013年04月25日

 ゴメン、会長ブログ、全く更新できず、3週間近くもも空いてしまった。

 実は、4月6日に隠岐人会主催の一泊京都観光に参加、古刹の明晰を紹介しようと張り切って写真を撮っていたが、何故か上手くアップできず、文章だけ書いて終わってしまった。さすがにそんなのはアップできず、また今度と思っていたら、隠岐へ帰る日になってしまった。

 で、先週は隠岐に帰っていた。行っていたのでなく、やはり帰っていたのだ・・・。 隠岐に帰ると、友人知人、出会う人皆がみな、「帰らっしゃんしたかの・・」とか「帰って来たか・・」とか、と声を掛けてくる。無論、私も「ハイ、帰って来ました・・」と応える。隠岐に居たのは僅か18年、出て48年、家も家族も会社も大阪であるが、何故か大阪には行く、隠岐には帰る。これって何なのかな?。

 まー、そんな事はどうでもいいが、近年の天候異変、ひどいね。4月にもなればポカポカ陽気で海は穏やか、そんなイメージで隠岐へ帰ったが、とんでも無い。酷い寒さと風邪で海は荒れ放題。10日間は隠岐に居ようと思ったが、結果は8日間で切り上げた。

 これも言い訳になるが、実はパソコンの環境は整っており、ただ繋ぐだけ。船は出来ていて、直ぐに操船の練習・・・と考えていたが、何れもダメ。 まだ1・2週間は掛かるということになり、予定が外れたのが一つと、パソコンが使えないとなると、会社の手伝いも出来ず、会長職とはいいながら未だ遣らなければ成らないことは結構抱えている・・・。

 ところが大阪に帰ると直ぐに東京出張となり、今日久しぶりに会社のパソコンに向かったと言う訳。 これが3週間近くブログ更新が出来なかった言い訳、少し、くどかったかな・・・?。

 隠岐で念願の釣りが出来たのは1日だけ。

 朝5時ごろに目覚め、窓越しに海を眺めると、昨日の時化がウソの様に凪いでいた。気にはなったが半漁師の同級生にワン切り電話、すると、起きていたらしく直ぐに返信してきた。「凪いでるな・・・行くんだった連れて行ってな」と声を掛ける。すると、6時に電話あり、「行こうか・・・」とのこと。急ぎ仕度をして、6時半過ぎには出港。

 30・40分はしって漁場に。コギと言う釣り方(擬餌針を10数本つけ、100メートル近く手具すを出し、2・3ノットのゆっくりとしたスピードで船を走らせながら漁をする釣り方)で、釣り開始。

 何と3時間ほどで、約2キロのヒラマサとヤズ(はまち)16本を釣り上げた。

 小生は大漁と上機嫌であったが、同級の半漁師はひと言、「こんなもん・・・」。

 こんなもんでもなんでも、とにかくこれからが楽しみだ。

 帰郷時の家の2階から窓越しに撮った、日の出の風景

IMG00188_R

釣りの成果

IMG00193_R

これが約2キロのヒラマサ

IMG00195_R

ヤズ(はまち)

IMG00198_R

湾内で採ったワカメ、採りたい放題といった感じ・・・。

IMG00206_R

 

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2013/04/post_422.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK