就活と企業診断 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

就活と企業診断

2009年04月24日

最近「」の語句をよく耳にする。
今朝もテレビで「親の婚活」と云うのをやっていた。今年の漢字は、もしかしたら
」になるかも・・・。

一昨年が「」、昨年が
」。
偽は読んで字のごとくで産地偽造とか賞味期限偽造など「偽」がはびこったが故、昨年の「変」は、
変化の変であるがこれも異常気象や経済環境の悪化など、マイナスイメージの強い変であり、決して明るいものではなかった。

ところが最近よく耳にする「
は、少なくともマイナスイメージではなく、前向きの活である。 生活、就活、婚活、離活、
死活、総括
。少し勝手に作りすぎか・・・お叱りを受けるかもしれないが、言葉の綾、一寸遊んでみたくなった。

我が家も今「」ばやりで、
娘3人はそれぞれ生活、就活、婚活、と大変そうである。妻はひそかに離活、小生は死活を前に人生の総括をはじめている。

それにしても最近の学生の「就活
は大変なようである。私らの時代は、先生や親や先輩のアドバイスを得て、2・3社受験し、合格すればそこで決まり。後は定年まで・・・
等と云うケースが大方であった。今になって考えると、もう少し真剣であるべきであったと思うが、それでも結構上手くやれていたように思う。

ところが今の学生は大学3年の秋から企業訪問を繰り返し、内定を数社貰うまで、長い人だと1年間毎日のように企業訪問をしている。
統計を取った訳ではないが私の感じでは一人平均20社は受験するのでは。しかも1社1回では終わらず、少なくとも内定を貰うまでには4・
5段のハードルがある。単純に計算して20×5で100回、割る2にしても50回は面接らしきものを受けることになる。大変な活動で、
多分学活4年間の内で一番大変なのが「就活」ではなかろうか・・・。しかし、それ程苦労し就職しても、
意外に離職率は高い。昔より遥かに真剣に就活しているが入ると直ぐにバイバイ。所謂、入る前と入った後のギャップが大き過ぎて、
「こんなはずでは・・・・」との思いから、離職につながるのではなかろうか・・・。

そこで我が社は、求職者の為の「企業診断」を営業項目の一つにしている。
一方通行の会社説明だけでなく、企業の実態、特に労務問題(サービス残業、社内の雰囲気、定着率、実際の営業方針・方法、コンプライアンス意識、経営者の人柄・人間性等など・・・
)を重点に調査し報告しようと云うのである。学生諸君、内定を貰った段階で一度弊社に「企業診断
を依頼してみては・・・。一生の大事ですぞ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2009/04/post_213.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK