JMAS(日本地雷処理を支援する会) | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

JMAS(日本地雷処理を支援する会)

2009年02月02日

「友遠方より来る、また、楽しからずや」ではないが、昨日久し振りにカンボジアに居る友人からメールが来た。
年に何回かの報告メールであるが、とても頑張っている様子が窺え、楽しみにしているメールのひとつである。

そこで、今日はこの友人が身命を賭して行っている、国際貢献とその日常を写真で紹介しようと思う。

この友人が行っている国際貢献は日本地雷処理を支援する会で、
自衛隊OBが中心となって行っているNPO法人である。彼は、53歳で自衛隊を定年すると同時にこのNPO法人の立ち上げに参加し、
5年ほど前から現地(カンボジア)入りし、1年の大半をそこで暮らしている。この会の活動は日本地雷処理を支援する会 を見て頂くとして、
彼が時々送ってくる写真の一部を此処に添付します。少しでも興味を持たれた方は「支援する会」に連絡を・・・。

 

カンボジアの地雷原に入って、地雷や不発弾を探索

CIMG4756_t

現地人も地雷探索、処理に直接参加。

CIMG4732_t

地雷を発見。こんなのは日常茶飯事、一日に何個も処理するという。

CIMG4758_t

 

CIMG4764_t

CIMG4762_t

 

地雷を撤去した後を畑にするため開墾に励む村人。

IMG_3272_t

 

女性も地雷や不発弾処理に参加している

IMG_3260_t

 

現地の人と一杯飲みながら談笑。

IMG_3237_t

地雷処理作業中に捕まえたウサギを丸焼きにして、昼食にするところらしい・・・。

IMG_3131_t

 

日本のボランティア団体から送られたポンプで水遊び。至る所に地雷や不発弾はあるが、何ともこの長閑な風景、
小生の子供の頃と何も変わらない。

IMG_3248_t

子供達の洗濯風景。

IMG_3226_t

CIMG4614_t

CIMG4600_t

定期的に水質検査をするらしい。

IMG_3195_t

 

村で炭焼きをし生計をなしている家族。何となく羨ましい感じ・・・。

IMG_3123_t

 

対戦車地雷の処理中に爆発し7名の現地作業員が死亡、その慰霊碑が昨年1月に造られ、その式典の一コマ。

CIMG0135_t

 

CIMG4689_t CIMG4651_t

 

何かよく判らないが、何とも長閑な風景である。

CIMG4596_t

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2009/02/post_199.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK