調査コラム

企業サービスの調査コラム

「ジョブ型雇用」ー今後のキャリア教育

コラム 2020/09/25

「ジョブ型雇用」という言葉をよく耳にするようになってきました。資生堂、富士通、KDDIなど名だたる企業が、職務を明確にして雇用する「ジョブ型雇用」へ移行していっています。今までの「メンバーシップ型採用」(新卒一括採用で総合職採用)は減っていくのでしょうか。現状を考えると急にジョブ型採用が主流となることはないでしょうが、いわゆる「就活ルール」の撤廃、転職市場の活発化などを見ていると、企業も学生も変化していかなければいけないという状況をより現実的なものとして突きつけられているように思います。今まではどちらかというと、自身のキャリアをきちんと考えられないままに、何となく就活をして就職し、「思っていたのと違う‥」などといったミスマッチ(?)により離職するというような甘えた現状もあったかと思います。ただ、このような「ジョブ型採用」が導入されることによって、甘えた転職が通用しなくなってきます。大学の4年間だけで学生が「自分の一生の仕事はこれだ」と決めることは難しいとは思います。今後はより早い段階から視野を広げ、早い段階でキャリア教育を行うことが求められるでしょう。

Pocket
LINEで送る

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言

トップへ戻る