調査コラム

企業サービスの調査コラム

副業解禁、主要企業の5割

コラム 2019/05/24

約5割の企業が副業を認めているという結果には驚きました。
1社に定年まで勤め上げるということがなくなりつつある現在では、社員の成長、セカンドキャリアの形成という部分では大切なことでしょう。
しかし企業にとっては情報漏洩、利益相反、労務管理対策など課題は山積み。またその結果の本音と言えますでしょう。副業を認めている大手企業でも、自社の社員の副業は認めるが、他社の従業員の受け入れには慎重になっているようです。「副業OK!自由な働き方の会社」などというと、聞こえは良く、採用時の受けも良さそうですが、情報漏洩による利益減、労務問題に発展するリスクが大いにあり、安易に副業を認めると大変な問題に発展する可能性もあると言えるでしょう。

副業解禁、主要企業の5割 社員成長や新事業に期待 :日本経済新聞

Pocket
LINEで送る

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言