調査コラム

企業サービスの調査コラム

副業を認める際に注意すべきこと

コラム 2021/01/25

副業を認める企業が増加している。
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、「在宅勤務で時間の余裕ができたため、有効活用したい」というプラスの意味で解禁した人・企業も多いが、「社員の収入が減り、それの補填のため」というマイナス要素によって解禁となった人や企業もある。経団連も推奨している「副業」ではありますが、やはり企業にとっては情報漏えいにおいてリスクが大きいと感じます。2020年8月に株式会社フクスケ(東京都千代田区)が発表した副業に関するアンケートの記事を見ましたが、そもそも副業が禁止の企業で働きながら副業をしていたり、届け出をしていなかったり、副業者自身が十分なリテラシーを得ていない状態で副業を行っていることがよくわかります。このような状況では情報漏えいが発生しても「そんなつもりはなかった」そもそも「情報漏えいはしていない」と話にならない部分が出てきてしまう恐れが大いにあります。もし御社で副業を解禁するならば、それに応じたリテラシー教育を徹底し、副業者を受け入れるなら副業者にもバックグラウンドチェックをかけ、信頼できる人物だけを受け入れましょう。

全国対応の人事調査 企業サービス【ISO27001 ISMS認証取得】

Pocket
LINEで送る

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言

トップへ戻る