調査コラム

企業サービスの調査コラム

働き方改革ー副業・兼業者にバックグラウンドチェックは不要?

コラム 2018/10/22

 副業・兼業を認める会社が約2割、しかしそのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」との回答は約6割という調査結果が出ています。(『日本の人事部 人事白書2018』調べ)
企業防衛の観点でみると、ダブルワークを認めるには心配なことがたくさんあります。安全・健康面での対策の問題や、情報漏洩、競業・利益相反など。。それらリスクをおかしても、副業を認める価値があるのか、疑問に思ってしまいますね。
 しかし、働き方改革が推進される中、中小企業でも副業・兼業を認める会社が増えてくるでしょう。
副業・兼業をもし認めるとしても、個人のコンプライアンスの問題と密に関わってきます。副業・兼業者を雇い入れる場合も、正社員を雇う場合もコンプライアンスに対する意識をきちんと持った人材を採用しなければ成りません。コンプライアンス意識を持っているかどうかは、面接だけで見抜くことはなかなか難しいことです。働き方が変化している昨今、よりバックグラウンドチェック(採用調査)が必要だと言えます。

Pocket
LINEで送る

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言