人事調査・採用調査のトップコラム>採用調査に対する考え方 8/9

採用調査に対する考え方 8/9

応募者に対する公平さを欠かないために

応募者の提出する履歴書、職務経歴書は、あくまでも自己申告であり必ずしも正確 とはいえない。
偽りの履歴や職務経歴に基づき選考が行われたとすれば、応募者に対する公平さを 欠くこととなる。
実際に調査してみると、学歴詐称、職歴詐称、職務経歴詐称は非常に多い。なかに は年齢詐称、現住所の詐称もあり、面接やテストだけで判らないことが多くある。
詐称の意図はその人により一概にいえないが、産業スパイ、企業破壊、組織破壊、 詐欺目的など企業にとって恐るべき意図を持って行われる場合もある。

企業の危機管理は、採用調査を外して考えられないのでは…。

お気軽にお問合せ下さい

TEL:06-6313-0110

メールでのお問合せはこちら

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

関西総合調査業協会会員

東京都公安委員会
探偵業開始届出証明書番号
第30070479号

大阪府公安委員会
探偵業開始届出証明書番号
第62070608号

東京商工会議所会員

大阪商工会議所会員

大阪府知事届出

日本弁護士連合会
法テラス
大阪法律相談所
セコムトラストシステムズ
大阪弁護士会
調査会社の企業サービス0110.me
SSL GMOグローバルサインのサイトシール SSLとは?