ハイクラス人材・ヘッドハンティング人材の調査

*

最終面接まで残った応募者でも…

32%の方々が何らかの問題
抱えていることが判明しています。

※令和2年度企業サービス調べ

 

ハイクラス人材の調査とは

ロバート・ウォルターズやビズリーチ、レイサス、パソナキャリアなどのハイクラス人材を扱う紹介会社経由の採用はコストがかかるだけではなく、他社と取り合いになる場合も多くあり、「すぐに採用通知を出さないと逃げられる」という焦りが出るものです。
しかし、よく考えてみてください。数回の面談だけで即戦力であるかどうか、活躍人材であるかどうかどの程度わかるでしょうか。。
企業サービスの採用調査は厚生労働省の「公正な採用選考」の指針に則った調査を実施しております。ISO27001認証取得企業ならではの安心感。。
ご依頼いただいてからわずか3日で報告可能です。
弊社の統計では、役員面接まで通過したハイクラスの候補者でも調査で約30%に「支障あり」または「注意」の判定が出ています。
「公正採用」につとめる為には、職歴などのバックグランドチェックは欠かせません。
企業サービスの採用調査は全国対応。厚生労働省の「公正な採用選考」の指針に則った調査を実施しておりますので、コンプライアンス上のリスクはありません。また、ISO27001認証取得企業ですので個人情報保護法に関しても十分配慮しております。

まずはお問い合わせください。
はじめての問い合わせも業界最速の対応スピード(30分以内)でお応えします。

「人を採る」ということは「誰かを雇わない=採用しない」ということ

人材不足と言われ続けて相当経ちますが、正しくは「活躍人材の不足」だと考えています。通常、必要なポジションに1人即戦力を迎えようとすると10人以上は面接を行い、2~3名に絞っていくでしょう。様々な選考プロセスを経て採用された人以外は「採用しなかった候補者」ということになりますが、ここに危険があります。「採用しなかった」その人が実は最も活躍する可能性は相当あるはずです。
しかし、面接をいくら実施しても調査でしか判明しない真実があった場合、絶対にわかりません。

「誰かを雇わない=採用しない」

このリスクは年収が高額になればなるほど高まってきます。

ハイクラス人材の調査では業界最速。
中3日で結果をお知らせします。

調査項目

経歴相違、勤怠状況、職務能力、退職理由、性格・素行、健康状態、生活状況、犯罪関与、特殊非公開データでのスクリーニング、反社会的勢力調査他

ハイクラス人材の採用調査
サービス内容

履歴書と職務経歴書をもとにハイクラスな候補者に必要な調査を行い、
客観的な情報を提供いたします。

  • 経歴相違
  • 勤怠状況
  • 職務能力
  • 成長意欲
  • 退職理由
  • 性格・素行
  • 健康状態
  • 生活状況

1名あたり料金 98,000

※英文レポート対応可

フォームからでも大半が30分以内の対応。業界最速のスピードです。

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

また「大変な人を雇ってしまった」と後悔しないために

「また大変な人を雇ってしまった」

そんなご経験はありませんか?
選考では、履歴書と何度かの面接によって合否を判断するのが通常です。
しかし、

・上司と揉めて辞めた
・突然出勤しなくなり、退職届も出さずに辞めた
・不正が発覚し、裁判沙汰になった

など、自分に都合の悪いことを面接で話したり、履歴書にわざわざ記載するでしょうか?
答えは「No」です。

慣れた人は、面接での振る舞いはもちろんのこと、履歴書の職歴も巧妙に細工してきます。
・10年いたはずの職歴がたった1週間しかいなかった
・輝かしい出身校、職歴の全てが嘘 ニートだった
・前職では部長職だと申告しているが、実際は役職なしだった

など、いくら面接を繰り返せど、彼らはなかなか尻尾を出しません。
面接という短い時間では、人を見抜けないのが実情です。

選考時に社内で出来る自衛策を挙げると

・氏名をWEB検索
→すぐにでもできますし、既にほとんどの会社様でされている方法ですが、よほど大きな事件でないと報道されておらず、見つけられないことがほとんどです。

・過去の職場へ聞き取りをする
→本人に知れ渡る可能性があり、簡単には情報を聞き出せないことも多いです。

・リファレンスチェックをお願いする
→レター形式やインタビュー形式など複数の手法がありますが、あくまで本人が推薦した人からの意見であり、良いことのみを伝えるように口裏合わせも可能。悪い評価が出にくいのも事実です。

・リファラル採用(縁故採用)
→知り合いやそれに近しい方になるので、信頼性は高いですが、採用自体のスピード感や採用数に限界があります。会社規模が大きくなってくると追いつかなくなります。

これらの事から内製化するのは難しく、限界があります。

 

それでは、果たして毎回泣き寝入りするしかないのでしょうか?

そこで登場するのが弊社のバックグラウンドチェック、いわゆる採用調査です。
法人に特化して40年を超える実績を持っており、候補者様の履歴書や職務経歴書を元に、第三者目線で退職理由や勤務態度、能力面の評価などの裏とりをします。
この調査を行う調査員は「工作員」、そう、いわばスパイです。候補者本人を知っている人であれば、あの手この手で候補者の情報を入手してきます。本人や関係者に悟られずに情報を入手するには話術やキーマンに近づくノウハウが必要です。

1人あたり33000円~でこの調査がご提供可能です。
一見するとさらに採用コストが嵩むように感じられるかもしれません。
ただ、一度雇用した年収300万円クラスの方が3ヶ月で辞めてしまうケースを考えてみると、およそ採用コスト100万、教育コスト100万、基本給100万
と300万円の損失になってしまいます。
他にも解雇予告手当がかかることや、時間的ロスを考えると損失は多大なものとなります。
33000円でミスマッチが減り、本当の良い人材と分かった上で採用ができます。

「調査に時間が掛かって選考が遅れるんじゃないの??」と思われるかもしれませんが、
中2日での口頭報告、翌日に報告書をお届けいたします。
故に採用のスピード感を損なうことなく、選考プロセスに組み込んでいただけます。
競合他社も狙っている良い人材は逃さずに、リスクを回避することができます。
応募自体が少ない企業様は、多少ハードルを下げてでも採用を優先してしまうかもしれませんが、一歩踏みとどまって調査をかけていただく価値は十分にあると自負しております。

上記は極端なパターンですが、実際に弊社の調査で判明した事例です。
弊社調べでは最終面接に残ったうち32%の方が何らかのマイナス要素が判明しております。


採用調査は合法

「採用調査は合法なの?違法なの?」という質問をいただきますが、結論から言いますと合法です。
厚生労働省の「公正な採用選考」の指針に則った調査を実施しておりますので、コンプライアンス上のリスクはありません。最高裁判例(三菱樹脂判例)でも採用時の調査は「採用の自由」によって認められており、寧ろ当然のこととのニュアンスです。
如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査をしており安心してご依頼いただけます。
欧米では採用調査を怠ったばかりに、該当社員が問題を起こした際に「怠惰雇用」ネグリジェントハイアリングと言われ、責任を問われることも少なくありません。

こちらの文章だけでは伝えきれないことも多くありますが、弊社の報告書を一度手にとっていただければ、費用対効果がいかに高いサービスであるかを実感していただけるかと思います。
また犯罪歴の調査や反社会的勢力のチェックも行っておりますので、より会社への脅威を減らした採用が可能となります。

 

バックグラウンドチェックを導入した結果(お客様の声)

◯ハウスメーカー/東証一部上場
15年以上の取引になります。中途採用時には職種に関わらず全員の調査をお願いしていますが、選考に大いに役立っています。
弊社ではだいたい15~20%の割合で問題のある報告書が上がっていますが、その中でも特に記憶しているのは前職で数千万円横領し解雇されていた人です。
詳しい内容は控えますが、横領だけではなく、暴力団とも関わっていたという噂があったので、警察沙汰になっていたらニュースでも大きく取り扱われていたと思います。納期が早く精度も高いのでとても満足しています。

◯化学メーカー/未上場 従業員数約260名
今までお願いしていた調査会社がありましたが、スピードが物足りなく感じていました。
試しに使ってみようということになりテストケースで2名依頼したのが2008年です。
納期はWEBサイトに載っていた通り中2日で連絡をいただき、その翌日にはレポートを受け取れました。はや10年以上のお付き合いになり、内容にも満足しています。
近年売手市場ということもあり、採用の短期化が進む中、いち早く報告をいただけるので会社の採用スピードを損なうことなく助かっています。

弊社は東京・大阪を拠点に全国ネットワークを構築、
関西・関東問わず全国規模で対応しております。
また情報セキュリティの国際認証ISO27001を取得しておりますので、スタッフ一同情報の取り扱いには細心の注意を払っております。

調査項目

  • 調査会社の創業者ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • 認証規格 ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)

トップへ戻る