空白期間

戦力として迎えるにはリスクの高い人選となる

学卒後一貫して同一企業に勤めている人よりも、何度か転職している人の方が圧倒的に多い。中には数ヶ月や1~2年のスパンで職を転々とし、既製の履歴書では書ききれないという人もいる。
例えば30代半ばで職歴が10社以上。少しでも勤めた会社をキッチリに申告するのは、ある意味几帳面で正直さが窺えます。しかし永続性という点ではマイナス。就いてきた職種やその中で最も長く勤めた年数にもよりますが、戦力としてもの足らない感じは否めません。

同じように転職を繰り返してきた人でも、履歴をごまかし3社しか申告していない場合はどうでしょう。短期間で辞めた職歴を端折る訳ですからその分の期間は申告する職歴にプラスされるか、どの職歴にもプラスされずそのまま申告されることになります。何れにしてもそれらは経歴詐称で、「空白期間」という見えない期間が生まれています。

調査によって未申告の職歴が判明することは多々あります。隠す(端折る)にはそれなりの訳がありますがその会社で何か問題を起こしている為に申告をしないケースも少なくなく、例え空白期間の動向が判明しなくても戦力として迎えるにはリスクの高い人選ということになります。

調査報告書サンプル

お気軽にお問合せ下さい

TEL:06-6313-0110

メールでのお問合せはこちら

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

関西総合調査業協会会員

東京都公安委員会
探偵業開始届出証明書番号
第30070479号

大阪府公安委員会
探偵業開始届出証明書番号
第62070608号

東京商工会議所会員

大阪商工会議所会員

大阪府知事届出

日本弁護士連合会
法テラス
大阪法律相談所
セコムトラストシステムズ
大阪弁護士会
調査会社の企業サービス0110.me
SSL GMOグローバルサインのサイトシール SSLとは?