個人情報保護と詐欺師 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

個人情報保護と詐欺師

2017年08月14日

 個人情報保護が施行された当初に、有識者から匿名社会の到来を危惧する声が多く聞かれたが、最近その現象が如実に現れている。

 弊社の様な、人事調査をメインとしている社は、何処に限らず、その現実をイヤというほど思い知らされていると思うが、今日もエッと思わされる報告書を目にした。

 小生の日課(仕事)のひとつに、調査員が書いたレポートに眼を通すというのがある。今日もそんなことで、お盆ではあるが、出社してレポートチェックをしていた。

 その中の1件のレポートに驚かされた。

 特殊なレポートではない。極普通の採用調査のレポート。

 所見は、採用不適当。 所見の根拠・・。履歴書の姓名が本当かどうか判断できない。理由は、自分の名前を3つも4つも使い分けて、詐欺及び詐欺未遂を繰り返しており、自分で自分の名前がよく判らないのではと思えるくらい、都度名前を変えている人である事が判明したもの。

 今回の就職応募では、詐欺云々の臭いはしないが、「採用不適当」と判断せざるを得ない人、と判定されたものであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2017/08/post_1208.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK