僧侶が合同労組に駆け込み | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

僧侶が合同労組に駆け込み

2017年08月02日

 何となんと、驚く無かれ・・。こんな事がと思うが、今の世は何があってもおかしくないのか・・。

 何と真宗大谷派の本山、東本願寺の僧侶2人が、今はやりの未払い残業代を要求して、新左翼系の合同労組(きょうとユニオン)に駆け込み、きょうとユニオンの強力なバックアップを得て、東本願寺に、未払い残業代の請求を訴え団体交渉を要求。

 当然、東本願寺はこれを拒否。「僧侶というのは出家(世俗の生活を捨てた)した人だから、雑務は修行であって仕事ではない。従って本来給料はでない、よって、未払い残業代などはもっての他」と主張。

 ところが、きょうとユニオン側は、残業代は正規雇用の僧侶は勿論、非正規雇用の僧侶でも、労働基準法に基づき残業代は支払わなければならないと主張。

よって話し合いはかみ合わず、きょうとユニオンは、京都労働基準監督署に「是正勧告」を申し立てるに至った。

そこで、東本願寺も団交に応じざるを得なくなり、話し合いの結果、何と僧侶2人の残業代、665万円を支払うことになったという。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2017/08/post_1206.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK