大祓神事 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

大祓神事

2017年06月30日

 今日6月30日は「夏越しの大祓い」の日

 京阪香里園駅から南東へ徒歩7・8分の所に友呂岐神社がある小生が前に住んでいた家からも徒歩7・8分のところで、七五三参りや、お正月の初詣など大方の神事は、この友呂岐神社にお参りして来た。その為か、氏子になっている訳ではないが、年に何回か神事の案内がくる。そのひとつが大祓神事。何時もは略式で、紙人形に名前と年齢を書き、それを神社に持って行き、お祓いをして貰っていたが、今日は何故か行ってみたくなり、女房と一緒に小雨の中、友呂岐神社に足を運んだ。

 

友呂岐神社の由来

IMG_20170630_094555

 

 

IMG_20170630_094026

 

「夏越の大祓」は「水無月大祓(みなづきおおはらえ)」とも言い、穢れを人形(ひとがた・人の形に紙を切り抜いたもの)に託して、茅の輪をくぐり、心身を清め、「大祓詞(おおはらえのことば)」という祝詞(のりと)を唱え、罪や穢れを祓い、年越の大祓までの半年を新たな気持ちで過ごすことができるように祈る神事です。

6月は、夏の暑さがはじまり、心身が疲れたり気力が衰えるなどし、病気の流行期と考えられており、これからくる夏を病気などをせずに乗り越えられるようにという願いが込められています。

IMG_20170630_094126

 

IMG_20170630_094129

 

 

IMG_20170630_094140

 小雨のなか、「祓えたまえ、清めたまえ、守りたまへ、さきわえたまへ」とつぶやきながら、手前から左回り、右回り、左回りし、正面に向かって二礼、二拍手、一礼を深々とし、罪と穢れを祓い、今年後半の幸を願って来た。

 これで、今年の残り半年は何の心配も無く、元気はつらつ、幸おおい日々を過ごすことが出来る。

IMG_20170630_094314

 

IMG_20170630_094340

large-4c33dcbe67adc 

「大祓」は、人が知らず知らずのうちに犯した諸々の罪や過ちや、心身の穢れを祓い清めるものです。

大祓の「大」は「公」という意味があり、個人だけのものではなく、日本国中の穢れを祓うという意味があります。

大祓には「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」「年越の大祓(としこしおおはらえ)」があります。

夏越の大祓は毎年6月30日に、年越の大祓は毎年12月31日に行われます。

日本神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓い(みそぎはらい)を起源としており、西暦701年の大宝律令(たいほうりつりょう)によって正式な宮中の年中行事に定められました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2017/06/post_1183.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK