精神世界 |

調査会社の会長ブログ

精神世界

2017年03月17日

 小生、30年ほど前から精神世界に興味を持つようになり、以後、そうした集まりに顔を出したり、関係書籍に目を通すようになった。ただ、一寸首をつっこんだ程度で、精神世界を真剣に勉強している人からみれば、話にならない程浅はかな知識しか持ち合わせていない。

 ただ、平成4年に天風会に入会し、以来25年。その間自分なりに判ったことも幾らかある。「人はこの世に何故生まれてきたのか・・」「我とは何ぞや・・」などの命題にも自分なりに取り組んできて、それなりに気づきを得たこともある。

 天風先生は、講演の中では余り精神世界の直接的な話はなさっていないが、実はそのことを全て悟ったうえで、「心身統一法」を考案し、現世で生きるために必要な「心」と「身体」の問題を具体的に説き、日々の生活に落とし込んで、こと細かく懇切丁寧に教えて下さっている。従って、やるべきことは「心身統一法」の教えを、日々実行しさえすればいい。しかし、「我とは何ぞや・・」を、心底自分の中に落とし込むには・・、悟りの域に高めるには・・・。

未だその段階でいろいろと模索しているが、 過去に読んだ関係書籍を少し紹介します。

・ヒマラヤ聖者の生活体験(全5巻) 著者 B・T・スポールディング  訳 仲里 誠吉

・アウト・オン・ア・リムー愛さえも越えて  著者 シャーリーマクレーン

・転生の秘密  著者 ジナ・サーミナラ  著者 ジナ・サーミナラ  訳 多賀 瑛

・眠れる預言者エドガー・ケイシー  著者 光田 秀

・黎明(前編、後編)  著者 葦原 瑞穂

中でも、「ヒマラヤ聖者の生活体験」と葦原瑞穂の「黎明」は難解で、読みきるのに数ヶ月を費やした。ただ、それも字面を追って読んだというだけで、本当のところは全く判っていない。「黎明」などは常に枕元に置いて目を通さなければと思うが、1ページ読む説くのに時間を要し、その前に睡魔におそわれ中々進まない。ただ、これからも何回も何回も読んで、少しは理解できるレベルに達したいと思っている。尚、最近知ったが、著者の葦原瑞穂氏は昨年10月に御帰霊なさったとのこと。昨年氏の講演は聞いたが、機会さえあれば何度の何度も聞きたいと考えていたが、それもかなわなくなり、非常に残念・・・。

最近読み始めた本が、芹沢光治良の「人間の運命」(全6巻)。これは逆に面白くて、下手すると読みふけって眠気が飛んでしまう傾向にあり、寝床で読むのはやめようか等と思っている。この著者 芹沢光治良も晩年は多分に精神世界に足を踏み入れていたようであるが、作家だけに全て小説にしており、非常に読みやすく面白い。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2017/03/post_1117.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK