帰郷報告、その1 |

調査会社の会長ブログ

帰郷報告、その1

2016年09月23日

 9月15日夕方5時5分別府港(隠岐郡西ノ島町別府)着。下船するとすぐに明日の釣りに備え、釣り餌を調達。何時もの通り、その日は親戚宅で夕食をごちそうになり、ご満悦で真っ暗な我が家に帰宅。何時もながら、誰もいない家に帰るのは、一抹の寂しさが有る。が、これは仕方ない。一通り電気を点けると、すぐに海岸へ。「夜さぜ」と称する漁に着手。サザエが夜になると何を求めてか、手で掴み取りできるくらいの所まで上がってくるので、懐中電灯を手に、タモでそれを救い採るのである。多いときは1時間くらいで30・40個は採れるが、何故か当日は不漁で10個程しか取れなかった。それでも、家に持ち帰るなり、刺身にして酒の肴とする。至福のひと時である。

 翌朝6時起床、ひと通りあさの行事(天風会体操など・・)を行い、簡単な朝食を取り、漁に向かう。マイボートに乗り込み、イザ漁場へ。ほぼ20ノットのスピードで約40分。島前と島後のほぼ中間点、推進100メートルの秘密のポイント着。潮帆と称する落下傘の様な帆を海に投げ込み、船の流れを止め、いよいよ釣り開始。針は5本、錘120グラム、鉛が底に着くか否かでググッ、ググッとくる。何とも言えない感触である。この感触を味わいたくて、遠路、隠岐へ帰るようなもの。電動リール使用であるが、それでも巻き上げるのに数分はかかる。一挙にレンコ鯛2枚、肩も20〜30センチ程の結構いい型であった。後は、下しては上げの繰り返し、所謂入れ食いである。当日は、アジ、サバ、レンコ鯛と魚種も豊富で、中々の成果であった。余り釣りすぎても後の処理に困るため、2時間ほどで漁場を後にした。

 これ本当の話し・・・。 隠岐は良いとこ一度はおいで(^^♪・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2016/09/post_964.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK