白寿の祝い |

調査会社の会長ブログ

白寿の祝い

2016年03月23日

 3月20日(日)、大坂の駅前第3ビル32Fに在るイセエビ料理「中納言」にて親戚のおばちゃんの「白寿」の祝いがあった。

 おばちゃんは大正6年3月20日生の萬99歳。小生の従姉に当たる人である。

 とにかく元気。驚異の健康である。今でも毎月1回は野崎観音に在る、先祖の墓参りを欠かさない。なんと、120段ある野崎観音の階段を杖なしで一人で上り下りする。流石にここ1年くらいは登りは少しきつくなって来たとの事で、タクシーを利用する様であるが、下りは平気。今月も普通に下って来たとのこと。そんなのだから、頭も口もしっかりしたもの。自分のことは自分で、どころではない。何かと面倒を見て来てくれた甥家族と同居しているが、この甥(82歳)の昼食は未だ100歳のおばちゃんが作っているという。

 これぞまさにビックリポンである。

 祝いの席で、「おばちゃん、元気で長生きの秘訣は・・・?」と尋ねると、おばちゃん曰く「そんなもん何もない」の一言。「何もないことは無いでしょうが・・、やっぱりストレスがないのかな・・、DNAが一番かな・・」、外野席から色んな意見が出る。するとおばちゃんが一言ポツリと云った、「先祖を大切にしてきた事かな」。

 あーそうか・・・。小生にとっては重い一言であった。「先祖を大切にする」、云えるようで中々言えない言葉では無かろうか。

 日々の雑事に追われ、小市民は先祖の事はついつい忘れがちになる。それを、如何なる時にもキチッと意識して生きるという事は、多分、自分を自分でキチッと律する事につながっているのだな、と思った。

 そう云えば、おばちゃんは田舎(隠岐)にいる時から、毎朝の墓参りを日課とし、親戚に何かあると、いの一番にかけつけ色々とお世話をしてくれる人であった。

 先祖をおもい、周囲の人を大切にすることが、ひいては自然と自分の健康につながるのかも・・、そんな事をおもい知らされた白寿の祝いであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2016/03/post_858.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK