ロータリーの友誌から | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

ロータリーの友誌から

2015年10月22日

 読まれないベストセラー誌とも揶揄される「ロタリーの友」(ロタリーの月刊誌)に久しぶりに目を通した。そこに「ポリオ撲滅の物語を語りましょー」と題した、K.R.RAVIDRAAN氏(国際ロータリー会長)の記事が掲載されていた。

 国際ロータリー財団の奉仕活動の柱の一つに、「ポリオ撲滅運動」と云うのがあるが、何十年に亘り財団から莫大な金を投じ、この地球からポリオウイルスを撲滅しようとの活動が続けられてきた。私も数年前にクラブの財団委員長を仰せつかったことがあり、この活動には大きな関心を寄せていたが、遂に最終目的である、この地球上からポリオの発症を無くす事ができる様である。

 この記事によると、2015年における全世界でのポリオ発症件数は、アフガニスタンとパキスタンの2か国をのこすだけとなり、それも僅か20〜30例になったとのこと。これは人類の行いが初めて自然の猛威に勝ったと云っても過言では無いほどの脅威であり、何ともいえない素晴らしさである。

 ただ、数年前から撲滅は、真近いまじかいと云われながら、完全撲滅には至らなかったが、この記事によると、今度こそは間違いなさそう。しかし、活動の手をゆるめるわけにはいかない、寧ろ完全撲滅をみてからの活動がより重要になってくると、国際ロータリー会長はよびかけているが、全くその通りだと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2015/10/post_778.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK