裁判 |

調査会社の会長ブログ

裁判

2014年03月17日

裁判ってある意味面白い。

一般的かどうかは判らないが、裁判所では嘘を言ってはいけないと思っている人が多いのでは。

実は僕もその一人であった。ところが、昨年、自分が原告になって裁判を起こしてみて判った。 原告、被告は必ずしも真実を述べる必要はない。特に被告は、嘘の云い放題でも、結果的には何ら咎められることはない。

真実を述べると宣誓した「証人」は、嘘を云うと偽証罪に問われる事になるが、原告も被告も、 真実を述べると宣誓する訳では無く、何が本当なのかを争うのであって、嘘を言ったからと云って罰せられることはない。

そんな事は当たり前。今更、お前何を言っているのだ・・と笑われそうだが、裁判をしてみてあらためて実感した。

考えてみれば確かにそう。刑事裁判では、被告は「そんなことはしていない」「そんな覚えはない」と言い張り、真実と違うことを云いぱなしでも、その事で罪を問われる事は絶対にないのだから。 民事裁判も同じこと。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2014/03/post_460.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK