人権、個人情報 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

人権、個人情報

2012年07月06日

  大津市の中学2年生がいじめが原因で自殺した事件を受け、橋本大阪市長が涙の会見をしていたが、一般の小市民は皆同じ感覚であろうと思う・・・。

 今朝の読売新聞に、この事件に関連して、こんな記事が出ていた。

市教委によると、「自殺の練習」は、生徒16人が回答に記していた。うち実名で回答した4人には聞き取りをしたが、事実は確認できず、それ以上の調査もしなかったという。加害者とされる同級生らにも聞き取りを行う機会はあったが、「練習」については一切尋ねなかったとしている。 その理由について、市教委は読売新聞に対し、「事実確認は可能な範囲でしたつもりだが、いじめた側にも人権があり、教育的配慮が必要と考えた。『自殺の練習』を問いただせば、当事者の生徒や保護者に『いじめを疑っているのか』と不信感を抱かれるかもしれない、との判断もあった」と説明。結局、事実がつかめなかったとして、非公表にしたという。

 「人権と教育的配慮」、如何にも頭デッカチの教育者や学者が考え言いそうな言葉である。

 虫唾が走ると云うか、気持ちが悪くなると云うか、こんな報道に接すると、一日気分が悪くなる。従って、最近は出来るだけ3面記事は読まないようにしているが、今朝は、「かがい者の人権」と云う文字に目が止まり、じっくりと読んでしまった。結果未だに気分が悪い。

 その前、京都の亀岡で、集団登校中の小学生が居眠り運転で暴走してきた車に跳ねられ、一度に10名が死傷した事件があった。その後、加害者の親が被害者の親族に謝罪がしたいとの思いから、警察官に被害者の氏名住所を聞きだした事が問題視され、個人情報を洩らした警察官や教頭が公務員の守秘義務違反で懲戒処分を受けた、との記事を目にした。

 これについてもいささか違和感を感じる。

 善意と善意、情と情が絡み合って、お互い良かれと思ってした行為が罰せられる。

 人ひとりの大切な命が失われたにも関わらず、人権に配慮し、原因の追求もままならない。

 法律や規則は最低限のルールであり、人間として人が生きる上では、善意とか情けとか、法律や規則などより遥かに尊く大切なものがある。にも関わらず、人権や個人情報の名のもとに、人間らしい行為がないがしろにされて来ている。

 人権の保護、個人情報の保護、いずれも非常に大切なことで、国家権力がこうしたことを軽視すると、検察の不祥事ではないが、大変な事になる。しかし、権力も何も無いコミュニティー社会の中で、人権と個人情報保護を錦の御旗のごとく持ち出すと、これはこれで大変なことになる。

 本末転倒という言葉があるが、最近の社会は、法律や規則に縛られ、何のためにつくられた法律や規則なのか、所謂、立法趣旨を全く無視した運用がなされ、本末転倒の住みにくい社会が形成されつつあるように思えてならない。 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2012/07/post_384.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK