続快気祝 |

調査会社の会長ブログ

続快気祝

2012年04月17日

またまた快気祝。昨年11月に幼馴染の快気祝いをしたところであるが、又また同級生の快気祝が行われた。

どうもこの歳になると、祝い事と云うと「快気祝」くらいしか無いのかな・・・・。何にしても幼馴染の同級生が何名か集まると云うのは楽しいものである。

今回は、先週末の土日、宍道湖の畔にある玉造温泉で開かれた。前回同様、妻と同級生と3人で、土曜の朝から一路、島根へと走った。

中国道から米子自動車道に入ったが走りはスムーズ、土曜と云うのに渋滞ひとつ無く、快調そのものであった。ところが、蒜山高原に入るや周り一帯雪景色

ひるぜん高原のパーキングエリアにて

玉造 001_t

 

岡山と島根の県境に在る長い長いトンネルに入る手前。もちろん大山も真っ白であろうが、雲が掛かっていて観ることは出来なかった。

玉造 003_t

この後、トンネルを越えると横殴りの雪が降ってきて、もしやチェーンが・・・と心配したくらい。  山陰の厳しさを痛感した。

それでも無事「松江」着。前々から一度乗ってみたいと思っていた、松江城のお堀端を巡る屋形船。船内にはコタツが設置され、極めてノンビリとしたムードの観光めぐりを楽しむことができた。

玉造 004_t

玉造 007_t

 

玉造 005_t

玉造 006_t

旧代官屋敷、

玉造 008_t

ラフカディオハーン、小泉八雲のお屋敷跡かな・・・

玉造 010_t

お堀の水位は殆ど変わらないらしい(調整するため)が、それにしても、と云った感じ。多分50センチは無いかも。

玉造 011_t

玉造 012_t

玉造 013_t

玉造 014_t

隠岐では超有名な日赤病院。何人もの人が救急ヘリで運ばれ、此処で命拾い・・・。

玉造 016_t

松江の日銀、多分明治の建立。

玉造 017_t

お堀端に咲くかれんな草花。松江によく似合っている。

玉造 018_t

朽ちかけていた松が再生・・・、頑張れ ガンバレ・・・玉造 019_t

船から眺めた松江城。天守閣の鯱は日本一の大きさとか・・・。

 

玉造 021_t

 

玉造 023_t

陸に上がって観た松江城

玉造 025_t

城山から観た松江市街

玉造 026_t

玉造温泉着。いよいよ快気祝の始まりはじまり・・・

玉造 027_t

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2012/04/post_374.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK