インフルエンザ | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

インフルエンザ

2012年02月14日

 インフルエンザが猛威をふるっている。

 「小生は風邪をひかない」と云うのを自慢にしていた。一寸した喉の痛みや軽いせきぐらいはたまに有るが、「風邪をひいた・・」と云う感じはここ30年程無かった。

 社員が「風邪で・・・」などと云うと、「何で風邪などひくの・・ひかんとけば良いのに・・」などと軽口を叩き嫌われていた。ところが、今年はいの一番に風邪にかかり、しかも1週間になるのに、痰と咳がひっきりなしである。とうとうたまりかねて病院へ・・と云う始末。なんとも情けない話しであるが、仕方が無い。

 先週初め東京出張。出かける前から何となく調子が出なかったが、独り寝の寂しさからか、夜中に風邪を呼び込んでしまったらしい・・・。以来コンコンくしゃん、こんこんクシャンを繰り返し一週間。もしかしてインフルエンザ・・そんな不安が頭をよぎり、掛かりつけのお医者さんに行くことにした。

 この先生、もともと天風会の会員で、香里道場に時々顔を出してくれていた。当時は大学病院の勤務医であったが、2年前に独立開業。それを気に、今まで掛かっていたお医者様を袖にし、一寸時間はかかるがホームドクターの様な気軽さで利用させて貰っている。

 ところが、「風邪をひきました・・・」とは先生には言いにくい。何故って・・・、だって先生が白衣を着て居ない時は小生が先生である。普段は小生が先生に対し「心身統一法」を手取り足取り教え、「風邪はひかないことにしている・・・」などと公言していただけに、流石に恰好が悪い。

 でも一週間も痰と咳に悩まされると仕方がない。「先生・・・、元気に風邪をひきました」、先生も心得たもの、症状を話すと、何も診ずに、「薬出しておきましょう・・・最短で良いでしょう・・」 3日分、3つぶの薬をくれた。

 先生曰く「インフルエンザだと痰は出ない。軽い風邪でしょう・・・」。「普通の風邪とインフルエンザ、何が違うんですか・・・。インフルエンザも風邪ですよね・・・」などと軽口を叩き、医院を後にした。

 多分、明日は大丈夫。それにしても何故風邪などひいたのかな・・・。

 考えられるのは只一つ、そう糖質制限食。

 炭水化物を摂取しないようにして2ケ月半。確かに体重はおちるし、血圧は下がるし、多分この分だと血糖値も間違いなく下がっているはず(今日、検査したとこなので結果は2・3日後)。でも、体力も応分に下がっていたのかも・・・。

 何事もほどほどにと云うことか・・・。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2012/02/post_365.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK