なにわクルーズ |

調査会社の会長ブログ

なにわクルーズ

2011年10月23日

今週日曜日、「なにわクルーズ」と名づけたロータリーの家族親睦会に妻と共に参加。大阪の水路をめぐる舟遊びで、昔から一度乗ってみたいと思っていた。

経路は、湊町船着場から西へ出て道頓堀川水門を通り、木津川を北へのぼり松島橋を潜って中之島へ、中之島は基本一方通行で中之島の北側を東へ、堂島橋⇒玉江橋⇒渡辺橋⇒大江橋⇒水晶橋⇒難波橋⇒天神橋を経て東横堀川を南に下り、高麗橋から本町橋を潜り、道頓堀川へ出て相合橋⇒戎橋⇒道頓堀橋⇒大黒橋を経て湊町船着場へと帰る約90分の船旅であった。

船内ガイドはなにわの芸人、若手落語家で、この案内がまた中々おもろかった。

 

湊町船着場を出て道頓堀川水門に入った所。川を水門(鉄扉)で塞ぎ水位を調整しているところ。左側に暗く写っているのが水門を上げ下げさせるアーム。

なにわクルーズ 003_t

 

水門内で水位調整を待っているところ。「それがどうしたねん」って云われそうな写真ですが、本人は水門に興味があり、紹介せずにいられないのだ・・・。

なにわクルーズ 004_t

 

木津川を北上しているところ

なにわクルーズ 005_t

京セラドーム

なにわクルーズ 006_t

 

橋の下をすれすれで通るところ。

なにわクルーズ 007_t

なにわクルーズ 009_t

なにわクルーズ 010_t

 

 

なにわクルーズ 012_t

中之島を船からみると

なにわクルーズ 013_t

 

東横堀川の水門。水門を左右に開閉するアーム。ここの水門は上下でなく左右に動く。

なにわクルーズ 014_t

水門が開きかけたところ。右端が少し開きかけているでしょう・・・。

なにわクルーズ 015_t

 

道頓堀川の川端でイベントをしていた。

なにわクルーズ 017_t

日本で一番有名なグリコの看板・・・・?

なにわクルーズ 019_t

なにわクルーズ 020_t

僅か90分の船旅であったが、この間、橋の下を潜ったのが49回。船からの景色よりも、橋の下が面白かった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2011/10/post_347.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK