隠岐の海、頑張れ | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

隠岐の海、頑張れ

2011年09月21日

 野田丸の船出を歓迎してか、台風が次々とご挨拶に来る。しかも雨に嵐と、
大勢の取り巻き連中を連れてやってくる。この時期の台風など誰一人歓迎する者も居ないのに・・・・。全くもって・・・・
何を考えているのやら?。

 報道によると100万人にも及ぶ避難勧告とか・・、台風に対する備えなど、
避難以外に方法がない。

 昔は家の戸板を打ちつけたり、庭のバケツや梯子や植木の片付けなど、
こまごまとした作業が結構あった様に思うが、今はそうでもない。敢えて備えに動くと、災難に会うケースの方が多いくらい。

 自然の脅威には、ただほう被りをして耐えるしかない。
人間は絶対に自然には逆らえない。心も身体も自然法則順従が「命を生きる」原則であり、幾ら科学が発展しても自然法則に逆らってはならない・
・・。そう云う意味では、原子力などは、もしかしたら自然を恐れぬ行為なのかも。

 ただ自然には逆らえないが、人為的に作られる脅威には、毅然と立ち向かわなければ・・
・。

 いったい今の円高は何なのだ・・・?。経済アナリストは色々云うが、
小生のような経済音痴にはサッパリ分からない。
ギリシャのデフォルト危機に追随した訳でもあるまいに世界通貨のアメリカドルまでがデフォルトを囁かれ、結果、急激な円高が作られた。

 日本の国債など三流国なみに格下げされ、財政赤字は急拡大で、
世界に冠たる財政難国家であるにもかかわらず、円は何故こんなに強いのか。

 本当の事は判らないが、実体経済など全く無視し、投機筋と欧米が一体となり、
日本を相手に、赤子の手を捻るかの如き所業に出ているのでは、などとつい思ってしまう。

 この円高は、日本政府のテイタラク、
外交力の弱さが原因しているように思えて仕方がない。今は野田政権に期待するしかないのかも知れないが、手もみ外交が関の山で、
毅然と立ち向かうなど有り得ない事なのか・・・。

 そこで小生は、
「隠岐の海」に期待!!。幕内筆頭で4勝6敗、上位陣相手にこの成績は悪くは無い、後は白星を重ねるだけ。そして来場所は3役入り。

 
「隠岐の海歩」、頑張れ、がんばれ、ガンバレ・・・・・。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2011/09/post_343.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK