やらせメール | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

やらせメール

2011年07月14日

 九電の玄海原発の再稼動をめぐる一連の問題で、政府主催の県民説明番組に、九電副社長他幹部が社員や取引業者に「再稼動に賛成の立場からメールする様指示した」と言う、所謂「やらせメール」が政府及びマスコミ関係で大きく問題視され、やらせメール問題が「原発再開に影響を及ぼしかねない」とまで騒がれている。

 テレビ、新聞などあらゆるマスコミ関係の報道、又、政府も地方自治体も、九電の行った行為は言語道断でとんでもないことだとし、九電叩きに躍起になっている。

 私はこの問題を最初に知ったのは、NHKの朝のニュースで、海江田大臣が烈火の如く九電を怒り、全く信用できない、と憤慨している映像であった。

 このニュースを観たとき、何故か「エッ」と言う感じがした。しかし、以後の報道も九電叩き一色で、確かに再稼動に影響しそうなくらいの凄まじさである。

 こんな状況に有る中で、九電養護の立場で物申すものが居るとすると、相当な辺骨者か根っからのアホとしか思われないであろうが、私はどうもスカッとしない。やはり・・・相当なアホなのかな・・・?。

 「?」などいらないアホに決っている、と断言する友人の顔が浮かぶ。

 それでも敢えて「エッ」と思った感じの理由を述べてみようと思う。

 政府等の公共機関が、一つの物事を成そうとする時、民主主義の体裁をつくろうが為に、パブリックコメントと云う形で国民の意見を求め、それを物事をなす際の、判断材料の一つとする(実際は聞き置いたと云う体裁をつくろう為のもので、実際には殆ど影響を及ぼすことは無いようであるが・・・)。

 そこで、その物事に関係する、業界や団体など利害関係者は、唯一自分らが物言えるささやかな機会であるため、関係団体や業界人、その他に広く呼びかけ、「賛成」「反対」の意見を述べるようお願いする。所謂、自分らの意見を少しでも広く主張し、聞いてもらおうとするのである。

 これは当たり前の事で、市民運動団体などは特にこうした運動に力を入れている。また、予算折衝などの祭でも、地方自治体の長や行政官が国会議員もうでをするのも、その延長線上の事である。

 下は上の者に対し、あらゆる機会をとらえ、お願いをし、意見を聞いてもらおうとするのは極々当たり前の事であり、何ら恥ずべき行為ではない。

 ところが、今回の九電の行為は、とんでもない愚考で恥ずべき行為とされ、袋叩きにあっている。確かに、事がことだけに、直接の利害関係者が恣意的にこうした行為を行うと、本当の意味の民意を聞く形にはならず、問題はあろうと思うが、しかし、同様の行為は極々普通に行われている事であり、寧ろ、積極的に利害関係者が広く物を言う事を推奨してきたのでは無いか・・・。

 多分、この玄海原発の再稼動に反対する立場の団体や運動家は、やはり関係者やその周辺者に「反対の立場でメールするよう」広く呼びかけたはずである。しかし、市民団体など反対の立場の呼びかけはOK、企業側の賛成メールの呼びかけはダメ。

 そんなことが頭をよぎり、「エッ」と思った訳・・・。 中身をよく知らずに、勝手なことを云っているのかもしれないが・・・。

 九電が下請けに力で強制したのであれば、それはそれで問題はあろうと思うが、何れにしても公聴会とか説明会などと言うものは、一つのデモンストレーションであり、結果に影響を及ぼすなどは100%無いに等しい。

 ところが、今回は「やらせメール」行為が、原発再稼動と言う一大問題に影響を与えそうだと云う。原発再稼動問題など超重要問題は国や地方行政が100%責任を負い、慎重の上に慎重を重ね、命を懸けて判断すべき問題であり、単なる「やらせメール」問題で左右される事があってはならないと思うが、政府の重要閣僚が「やらせメール」が再開の判断に影響を及ぼすなどと、それこそ訳の判らない無責任な発言をしている。全くなさけないと言うか何というか・・・・。

 それにしても菅内閣って凄いね・・・。こんな人の寄り合い所帯で、しかも閣内不統一。あきれると云うか凄いと云うか・・・。

 「ひごろ思っていること、考えること」を気ままに書くのがこのブログのタイトルであり、勝手気ままに書かせてもらったが、決して原発再稼動に賛成と言うのではない、出来ることなら原発は再開しないで欲しいと思っている。ただ、何がどう狂ったのか、今回の「やらせメール」問題がヒステリックに騒がれ、それが再稼動問題に影響を及ぼすなどとなったら、なにおかいわんやであるが故、暇ついでに書いてみた・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2011/07/post_333.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK