関東人と関西人 |

調査会社の会長ブログ

関東人と関西人

2011年05月19日

 今週火水と東京へ行ってきた。東京駅の改札を出てビックリ、以後何処へ行っても、エッ、エッと云った感じ。完全に街が半死状態。実際はそうでは無いと思うが、節電の関係で照明をグッと落とし、エスカレーターも半分くらいしか動いていないし、デパートもレストランもオフィスも全て薄暗い。洗面所のエアータオルもオールストップ。

 「関西とはエライ違いだなー、」と云うのが第一印象。同時に東京の人って規律正しいと云うか、「キチッとしているなー」と感心した。

 多分これが関西なら、こうは上手く行かないのでは?。「看板消して、店暗くして、そんなんで商売になるか???。」などと違反者続出間違いなし。

 その点東京は凄い。見かけだろうが、良い恰好しいーだろうが、皆がキッチリ協力するのだから偉い。この調子だと何とか夏を乗り切るのでは・・・、そんな思いがした。

 そんな東京を見て、ふと思い出したのが、平成7年の阪神淡路大震災。

 震災後1週間くらいの時の事。興味半分と云うのではないが被災地の中心部、三ノ宮に行った。何と筆舌に尽くし難い、物凄い状況。市役所が半分になり、そごう百貨店が消え、大半のビルが垂直に堕ち、9階建てが7階建てに、5階建てが4階建てに、と云った状況で、その凄まじさに唖然とした。

 ところがである。駅の高架下のパチンコ屋が軍艦マーチを高らかに、チーン・ジャラジャラ、チーン・ジャラジャラ、しかもお客は超満員・・・。少し足を伸ばし、歓楽街を覗くと、倒壊ビルの谷間でポン引きのお兄ちゃんが昼間から、「お客さん、一寸ちょっと・・・良い娘いまっせ・・・」と声を掛けて来る。

 その時の僕は確信した。神戸は大丈夫だ・・・、何があっても必ず復興すると!。

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2011/05/post_323.php/trackback

コメント

  1. はじめまして石川つばきと申します
    検索から日記を拝見しました、ブログ題名三連休の記述にありました、「五族の墓」と「陸士56期」とは違いますが実家に関連する墓参りに行った時にサイロを小さくしたような変わった墓を見かけました
    父に聞くと満州族の墓だと言ってましたがご存知ですか?というか本当なんでしょうか・・・
    三連休の写真の墓とはまた違います

  2. 石川つばきさんへ
    サイロ型の墓(満州族の墓)は直接は知りませんが、お父さんがおっしゃるのなら、間違いなくそうだと思いますよ・・。
    満州族の墓が幾ら日本にあっても何ら不思議ではなく、実際に相当建立されていると思います。
    私は戦後生まれですので、実在した満州国は知りませんが、学校で習う満州国と、日本の小市民が当時抱いていた満州国への思いは相当違っている様に思います。ここらの話になると、一言で書けるようなものではなく、また、色んな説があり、一概には言えないと思いますが、少なくとも、満州人も渡満した日本人も、明るい希望を持って、共に励んでいたことは間違いなく、歴史で教える侵略的なものとは当時の市民感覚は可也違っているように思います。
    従って、満州族の墓が日本に幾らあっても何の不思議もありません。

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK