家庭菜園、我が家のなすび | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

家庭菜園、我が家のなすび

2010年10月15日

小生、今の家に転居した3年前から、庭の一部に小さな菜園を作り楽しんでいる。

普通3年にもなれば、何でもそれなりに格好がつくものであるが、我が家の菜園は何とも・・・。ただ、庭の一部を掘り起こして、少しばかり石を拾い、適当に有機肥料を入れただけの畑であり、農夫がみれば、「これでは野菜が余りにも可哀想・・・と、ヨヨと泣き崩れるのでは」と思われるほどのやせた畑である。

しかも、ご主人さまは、自分に優しく他人に超厳しいタイプであり、野菜に対しても、厳しく育てる事を旨としており、一端植えてあげたからには、後は、「自らの責任に於いて各自頑張れ」と、家の中から叱咤激励するのみ。基本、自由放任主義であり、野菜の個性を大切にと、できるだけ干渉しないよう努力している。

ところが、流石に今年の夏は厳しく、ゴウヤは10日ほどで頓死、キュウリは健気に頑張ったが、それでも働き始めて1ケ月でストライキ、それに反し、トマトは素直にスクスクと成長した。ところがイザ戦闘開始となると全く闘う意欲を無くし、“各員奮励一斉努力せよ”との旗艦からの命令にも関わらず、ろくな働きもせず熱射病にかかりあえなくダウン。

ところが、捨てる神あらば拾う神あり。なんと孝行野菜が出現。5月に出生、7月に成人し、直ぐに働き始めた。7・8月の熱波にも耐え、9月の残暑をもろともせず、10月に入るやますます元気。未だ衰えを見せず働き続けている。でも、給金などは殆ど要求しない、親の言いつけに従い、自由奔放ではあるが、自分がナスべきことをキッチとナスている。まさに野菜の鏡である。

 

今朝収穫したナスビ。余りにも自由奔放に育て過ぎ、何と25センチにも成長。味は保証しかねるが秋茄子に違いはないはず・・・。

なすび 007

なすび 006

 

丹精こめた菜園。雑草も伸び伸びと育っている。この自然豊かな菜園で、茄子だけは孤軍奮闘しているのである。まさに野菜の鏡・・・・。

なすび 005

なすび 004

なすび 003

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2010/10/post_292.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK