感動、岡田武史監督の講演 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

感動、岡田武史監督の講演

2010年09月30日

 昨日、保険会社の企業セミナーに出席。

 演者は元サッカー日本代表監督の岡田武史氏であった。このセミナーの誘いを受けた時、
正直「岡田さんが何を話すんだ、今更ワールドカップの話を聞いたところで・・・」くらいに思い、二の足を踏んでいた。
ところが帝国ホテルでの食事付きとの事で、セミナーよりも食事に誘われ参加することにした。

 ところが、あにはからんや、帝国ホテルの食事など問題外、それくらい岡田監督の話は素晴らしかった。
講演を聴く機会は年に何回と無くあるが、正直、今までで一番感動したように思う。

 大体が講演セミナーと云えば、
お決まりの政治評論家や経済評論家が大半で、中には、小説家や実業家の講演もあるが、皆講演慣れしており、
話は上手いが心に訴えるものは今ひとつ。あー良かったな、、面白かったな・・くらいの感想が大概である。

 ところが岡田監督は違っていた。話もそこそこ上手いには上手いが、それより何より、
一生懸命に遣ってきた事を一生懸命に話す。話す姿勢の一生懸命さが、一生懸命に対応してきたことの裏づけとなり、
一生懸命に生きてきた事の証となり、何事も一生懸命に遣らなければならない、と云う講演趣旨と合致したものであった。

 そして、「ゾーンに入るとは、無心になること」であり、
「とことん一生懸命になると、瞬間無心に入る事があり、ゾーンに入った状態に至る」と説く。
それが坊主の説教や評論家や学者のご説ご尤もの話と違い、体験に裏打ちされた、一種悟りに近い、信念に基づく素晴らしい内容のものであった。

 私が抱いていた、「単に頑固な岡チャン」のイメージなど、一瞬に吹っ飛んでしまい、
今は岡田さんの追っかけでもしようかと思うくらいである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2010/09/post_290.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK