隠岐人会総会 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

隠岐人会総会

2010年04月20日

この日曜日、日本海に浮かぶ孤島、隠岐ノ島を郷里とする関西在住者の親睦会、関西隠岐人会の第7回総会が開催された。

小生、昨年4月よりこの関西隠岐人会の会長を仰せつかっており、何かとプレッシャーはあったが、
各出身地区の幹事さんのお陰で300人近い同郷の士が集まり、盛会裡の中、とても楽しいひと時を過す事が出来た。

当日は朝9時に各地区の世話役の方に集まって頂き、会場の設営、スケジュールの打ち合わせなど何かと準備に追われたが、
実はここに漕ぎ着けるまでの事務局の大変さ・・・、実に頭が下がる思いである。オールボランティアで、来賓招待から会員への呼びかけ、
会場や出演の打ち合わせ等など数え上げたら切りが無いほど細々とした作業がある。その点会長と言うのは気楽なもの、
事務局の言う通りにウンウンと云っておれば何とか恰好がつく。特に今度の隠岐人会では、その事を痛感させられ、只ただ感謝の一日であった。

今日こうして気儘にブログを書いていても、事務局長からチョコチョコと電話が入る。
終われば終わったで後の整理も1日2日では済まない様である。しかし、愚痴一つ口にせず黙々とその作業をこなしてくれている。
世の中持ちつもたれつとは言うが、もたれる方はいいが持つほうは生半可ではない、本当に頭が下がる。

それにしてもホッとした・・・・。

隠岐民謡「きんにゃもにゃ」で盛り上がっているところ。誰がだれかサッパリ判らない様に撮るのが苦労、故にこんな写真しか・・・。
決して技量の問題では無い・・・?。

隠岐人会総会 006_t

この「キンニャモニャ」は隠岐島の中ノ島(海士町)の民謡で、年に1度「キンニャモニャ祭り」
と云う一大イベントが催される程に人気のある民謡と踊りである。非常にテンポの良い賑やかな民謡で、その歌に合わせ、
しゃもじを叩きながら皆で踊るのである。隠岐の踊りは基本、生活に根ざしたもので小道具はタオル、鍋ぶた、お皿、
しゃもじ等調理場にある手みじかなものばかり。これは、娯楽の少なかった昔、
何かと理由をつけて村の男集が一軒の家に集まり酒宴を開くのが何よりの楽しみであった頃の名残のようだ。男集は車座になり飲みかつ歌う、
すると調理場に居る女子集が手許にある鍋ぶたやしゃもじ、或いはお皿を手に踊りだす、と言うものであったらしい。

隠岐人会総会 005_t

 

隠岐人会とは全く関係ないが、またまた我が家に子狸が出没。庭に出るために置いているスリッパを片方だけ持って行ったらしい。
昨秋にもやられた・・・半年に2度は我が家の家計に取っては大変な痛手。でも、何となく楽しくなってくる・・・。

隠岐人会総会 001_t

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2010/04/post_266.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK