天風会(意志の煥発) | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

天風会(意志の煥発)

2010年02月19日

今週は特に変化なし。何を書こうかと迷う。そこで得意

の手抜き術。そう、、使用済みのレポート添付である。

天風会「心身統一法」の講師養成研修会で昨年末に提出

したレポートです。
「意志の力の発言と精神統一」について

一般にあの人は「意志が強い」とか「意志が弱い」とか

云うが、それは意志と云うものを精神作用の一つと考え、

心から生ずるものと解釈しているが為である。ところが

、本来の意志と云うものは、心と身体を要具として使う真我

の属性であり、真我表示の方便を行う為の固有性能なのであ

る。

自己を悩ます本能心は統御しなければならない。そこで一般

には、この本能心を理性心で一生懸命に努力し統御しようと

する。ところが、それが中々上手く行かず、思い悩むのが普

通である。だが、本能心を理性心で統御するには無理があり、

余りに理性心で戦うと、仕舞いには精神的に衰弱してしまう

と云う事にさえなりかねない。それは、前記の如く、意志を

心の作用と考え、本能心を理性心で押さえ込もうとするから

の結果であり、自分よりも力強い者を力でねじ伏せようとす

るに等しく、無理からぬ事を行うから支障が生じるのである。

本能心の自己統御がキチッと出来ないと、「人の為世のため」

は勿論、幸せ感なども程遠い、怒り、嫉妬、煩悶などと云う

泥沼の世界に生きる事になる。その為、自己統御は生きるの

に成さねばならぬ絶対不可欠のものであり、この統御は自我

の属性である意志の力による以外に無い。しかし、この意志

が上手く煥発しない。何故なのか、それは意志の理解に欠け

ていたり、使い方に間違いがあったりして、発言習性が完全

に出来ていない為に、上手く意思の力が作用しない為である。

真我の属性である意志の力を発言するには、常に精神状態を

積極的に持ち、そして統一して使用することが不可欠である。

意志の力の発言と精神統一は絶対不可分の関係にあり、精神

が不統一で、雑念妄念で覆われているような状態では上手

く発言しない。即ち意志集中が上手く出来ない状態だと、

完全には発言しないことになる。そこで、意志の完全発現に

は精神統一を習性化する必要がある。その習性化の一方法と

して、自分の中で発生する肉体感覚は勿論、心から発生する

あらゆる物を客観視するように努め、それを習慣化するよう

にすることである。そして、この意識観念を確立するには、

一日のあらゆる機会をとらえ、心を静める鎭心行 (無我一念

法、安定打坐など)を行うことである。

所謂、都度自分を客観視し、あらゆる機会をとらえ心を鎮め

、常に精神状態を積極的に持ち、精神を統一させて意志の完

全なる発現をそくし、自己統御を確実に行うよう努めなけれ

ばならない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2010/02/post_258.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK