感謝と歓喜 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

感謝と歓喜

2009年07月29日

一週間ブログの更新をしなかったら、早々に友人から電話。「マッチャンどうしたん、何処か調子わるいの?」、「何で・
・・
」、「だってブログ更新してないやん・・・」、有り難い、
実に持つべきは友。尚、昨晩はロータリーの友人から電話。「マッチャン今日なんで休んだん、
何かあったん・・
・」、何とも幸せなマッチャンである。感謝、感謝・・・・。

実は先週4日間、財団法人天風会香里賛助会夏期特別研修会(修練会)
があり、それに参加していた関係で出社できずにいたのである。

天風会の夏期特別研修会(修練会)は、一年を通し最大の行事であり、
会員に取っては最大の喜びでの場ある。1年間の自分の行修の再点検をする場であると同時に明日からの1年間の鋭気を養う場でもある。
そんな大切な行事に単に参加するだけでなく、自ら実行委員長として企画運営でき、参加者からは「有難う」、指導の先生からは「良く出来た」
とのお言葉を頂くことが出来たのだから、まさに感謝と歓喜であった。

今ひとつの感謝と歓喜。その前の3連休の中日(19日の日曜日)、
淡路の花火を海上から観ることが出来た。
何とも素晴らしい眺めであった、何回ブラボーの声をあげたことか・・・。と言うのが、当日は雨の予報で、しかも、雷が鳴っていたためか、
殆ど花火見物の船が出てなく、
私達のヨットが海上に一隻のみと云った状況にあった。そんな中で目の前で花火がボンボンあがるのだから、私の為に花火を上げてくれているとついつい錯覚してしまい、
最高に感動したのである。

それも、友達の友達は皆友達、と云うことで、兄貴に誘われて見ず知らずの兄貴の友達のヨットに乗せて貰い、
ビール片手に海上からの花火見物を満喫できたのである。しかも、
男は兄貴とヨットオーナーの3人だけで後9人はうら若き女性、一番若い娘は何と9歳。
まさに感謝と歓喜であった

垂水のマリーナにて、 出航準備。肖像権、プライバシー問題で人物の判別がつかないよう、あえてぼかして撮影。
可也の高度なテクニックを要す・・・・。

025_t_t

026_t_t

012_t_t

淡路島に向けて出航。明石海峡を横断中・・・。

020_t_t

明石大橋。写真ではこんなですが実際は素晴らしい眺めでしたよ・・・。

023_t_t 024_t_t

ヨットが切る波に夜光虫(海蛍)が青く光り、幻想的な美しさであった。携帯電話のカメラゆえこんなですが、本当は・・・。

018_t_t

 

いよいよ花火。載せるほどの写真ではありませんが一様・・・。写真など撮っていると生の感動が味わえないため、殆ど撮らずでした。

003_t_t

004_t_t

017_t_t

015_t_t

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2009/07/post_225.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK