経歴詐称(履歴書詐称) | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

経歴詐称(履歴書詐称)

2009年06月29日

 またまたたまげた求職者(応募者)。履歴書を見る限り文句のつけようがない。
一流大学卒で一部大手企業(業界NO1)に就職、営業職で勤め在職15年、平成21年3月自己都合で退職、とある。現在37歳、独身、
写真を見てもキリッとした顔立ちで職務経歴書の内容も中々のもの。

 ところがどっこい。大学は間違いなく卒業しているが新卒で勤めたという15年の在職は全くのデタラメ。
実際は支店採用で平成19年から20年にかけ1年勤めただけ。しかも、過去に有印私文書偽造、同行使、
詐欺未遂
で起訴された事実がある事が判明。エッそんな事が判るの?と云われそうですが、実は判るのです。と云っても、
全てが判る訳ではない、判らないケースもある。判らないケースもあるが、そうした被調査人は何処かに問題点が出てくる。例えば、
今回のケースの様に経歴を詐称するとか性格や勤怠面での問題が指摘されるとか、何らかの不都合が生じてくるものです。

 依頼人(依頼企業)は、この点を調べて欲しい・・と具体的事項を依頼するケースが多々あるが、人に関する調査
人事調査、人物調査)は非常に難しく、部分を観る為には全般を調べ、
必要に応じては交友関係など周辺の人もみなければ、指摘の部分が見えてこない場合も多く、
意外に時間と経費が掛かると云うのが人に関する調査である。かと言って、料金設定せずに受件する事もできず頭を悩ますのが常である。

 ゴメン。こんな事を書こうと思っていた訳ではない。小生が本当に上記調査で言いたかったのは、
被調査人が勤めていた超大手企業のことである。支店採用とは云いながら職安紹介などではなく民間の有料職業紹介所を経て採用したものであり、
紹介手数料150万円内外を支払ってのものである事は容易に推測できる。
職業紹介所経由で求人企業にわたった履歴書や職務経歴書が如何なるものであったかは本調査では判明しなかったが、
多分嘘で固められた素晴らしい内容の物であったに違いない。この企業は、その事を知らずに採用し、特に問題を起こす事無く退職
(表面に出なかっただけで、実際は仕事など殆どしていなかったかも知れないが・・・)しており、不幸中の幸いと云うか、知らぬが仏と云うか、
幸いにも150万円内外の紹介手数料と1年間の人件費数百万円の損失で事なきを得たが、彼の人物が未だその企業に勤め、
日々営業に出ているとすればそら恐ろしい感じがする。

 それでも採用時の調査(採用調査、雇用調査)はいけないの?。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2009/06/post_221.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK