調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

御侍史

会長日記2009/06/09

 最近今ひとつ腰の調子が悪い。レントゲンを撮ったが全く異常なし、医師曰く「綺麗ですね」、小生も調子に乗って
「ほんとキレイですね・・・」。ニコニコ顔であった。が、しかし痛みは一向に引かない。その内に歩くと足に電気が走る感じ、「何じゃこれは」
、まーその内直るだろうと思い暫くほっていたが、一向に回復の兆しが無い。そこでMRIを撮ることになり、
その設備をしている病院に予約を入れ、20分強小さなトンネルの中に入った。結果は○○、素人目にも直ぐに判る。で、先生原因は・・・?、
「判らない」、対処法は、「無い」。見事に端的な応えである。二の句が告げないとはこのこと。

 それはそれで仕方がないが、実は、MRIを撮った医院の先生から、小生が通院している医師への手紙(結果報告の)
の宛名書きに「○○先生御侍史」とあった。○○先生御侍史、何じゃこれは、早速辞書をひいてみた。
すると「直接はおそれおおいので秘書様宛に、ものを申し上げます」的な使われ方をし、医師の世界では普通に使われているとか。

 それにしても御大層なと云うか、古いと云うか、医師会の独特の閉鎖的な世界を垣間見る気がした。しかし、
「○○先生御侍史」と
宛名書きされるような偉い先生も、余り判っていないんだな・・・と思うことが最近よくある。

 今までは何となく西洋医学は進んでいて、東洋医学は遅れている的な感じを持っていたが、実際は東洋医学の方が身体に優しく、
東洋医学的療法で人生を送ると、上手に死ぬことができるような気がして来ている。東洋医学界でも御侍史と使うかどうか知らないが、
御侍史様には畏れ入るしかないのかな・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO