御侍史 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

御侍史

2009年06月09日

 最近今ひとつ腰の調子が悪い。レントゲンを撮ったが全く異常なし、医師曰く「綺麗ですね」、小生も調子に乗って
「ほんとキレイですね・・・」。ニコニコ顔であった。が、しかし痛みは一向に引かない。その内に歩くと足に電気が走る感じ、「何じゃこれは」
、まーその内直るだろうと思い暫くほっていたが、一向に回復の兆しが無い。そこでMRIを撮ることになり、
その設備をしている病院に予約を入れ、20分強小さなトンネルの中に入った。結果は○○、素人目にも直ぐに判る。で、先生原因は・・・?、
「判らない」、対処法は、「無い」。見事に端的な応えである。二の句が告げないとはこのこと。

 それはそれで仕方がないが、実は、MRIを撮った医院の先生から、小生が通院している医師への手紙(結果報告の)
の宛名書きに「○○先生御侍史」とあった。○○先生御侍史、何じゃこれは、早速辞書をひいてみた。
すると「直接はおそれおおいので秘書様宛に、ものを申し上げます」的な使われ方をし、医師の世界では普通に使われているとか。

 それにしても御大層なと云うか、古いと云うか、医師会の独特の閉鎖的な世界を垣間見る気がした。しかし、
「○○先生御侍史」と
宛名書きされるような偉い先生も、余り判っていないんだな・・・と思うことが最近よくある。

 今までは何となく西洋医学は進んでいて、東洋医学は遅れている的な感じを持っていたが、実際は東洋医学の方が身体に優しく、
東洋医学的療法で人生を送ると、上手に死ぬことができるような気がして来ている。東洋医学界でも御侍史と使うかどうか知らないが、
御侍史様には畏れ入るしかないのかな・・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2009/06/post_219.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK