偽 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

2007年12月28日

今日は、今年の仕事納め。午前中は通常業務で午後から大掃除、その後御用納めで賑やかにとの予定である。

今年1年週一ペースで拙いブログを書き続けた。くだらないブログであるが、それにも懲りず眼をとおして頂いた数名の
調査会社の社長ブログ」愛読者諸君、本当に有難う御座いました。
何処かで誰かが読んで下さると思うから書けるんであって、そうで無ければ決して継続できるものではない。
名前も顔も知らない未だ観ぬ貴方ですが心から感謝申し上げます。来年もきっと貴方がそっと眼をとおしてくれているものと信じて、
懲りもせず書き続けようと思います。今年に増してご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

1年の締めくくり、今年の漢字は「」であった。何とも情けない、
しかし実際「偽装」「偽証」「偽造」と「
の問題で新聞紙上を賑わした事の多かったこと。何故こんなに「偽」の問題が多く発生するのか・・。情報公開が原因なのか、
告発ばやりが原因なのか、コンプライアンス意識の低下なのか、凡人には良く判らない。ただ言えることは、「」の問題は非常にイメージが悪く、業績低下どころか会社の存亡にまでかかっわて来る。
とにかく正直が一番、私どものような調査、情報産業は「信用、信頼」が何よりも大切なものである。
一端信頼を裏切ると今までの全てがゼロに成ることさえある。このことだけは肝に銘じて仕事をしなければと思っている。

但し、個人情報保護、人権、プライバシー問題などで、この上なく人に関する調査は難しくなっている。依頼者の要望に応えたく、
一生懸命になれば成るほど個人情報保護、人権、プライバシー問題の壁にぶつかり、結果的に依頼者の「信頼」を失う事になりかねない。
真実を知るために「偽」を行う。許される事ではないが調査業には「偽」の影がウロウロするのも事実である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2007/12/post_144.php/trackback

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK