心と身体、気力と体力 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

心と身体、気力と体力

2007年09月13日

昨日(9月12日)、安倍首相が突然辞意を表明!。

船場ロータリークラブの歓送迎ゴルフコンペが奈良国際ゴルフ場で開催され、歓送迎の花火よろしく豪快にボールを打ち上げ?、
ハーフを終えてクラブハウスで食事を楽しんでいた時、突然、「安倍首相が辞意を表明」との声が聞こえた。なに・・・、
一瞬耳がおかしくなったかと思った。テレビを観ると「辞任表明の記者会見」が映し出されている、今度は目を疑った。
まさに晴天の霹靂とはこのこと、全くビックリした。

テレビや新聞報道では、それぞれ識者が見解を述べているが、何が本当なのかよく判らない。ただハッキリと言えることは
「気力が萎えた」と云う事であろう。所謂、「意欲、やる気」の「気」である。与謝野官房長官によると「健康上(体力)の問題も一因」
との事であるが、健康は身体だけでなく心の問題が大きい。

健康な身体に健全な心がやどる」という言葉があるが、一方
健全な心に健康な身体がやどる」とも言われる。一般的には前者の方であるが私は逆で、
後者の方が正しいと信念している。心身の問題は非常に難しく、一概にどちらがどうとは言えないが、真の健康は、
心が川上で身体が川下」と思っている。

今回の安倍首相の辞任も、「体力よりも気力」の問題である。就任以来約1年、内・外両面からボデーブロウを打たれ続け、
たまりかねて「気」が悲鳴をあげたようである。「気の健康
心の健康」というのは非常に難しく、点滴や投薬では維持できない。最近は、
ある種の健康ブームでフィットネスクラブや健康体操、健康器具、健康食品等々、身体の健康には大変な気の使いようであるが、
意外と心の健康はなおざりに成りがちでは無かろうか。「真の健康は心から
と信念している私には少し疑問に思えるところである。特に政治を志す人は「心の健康
に気をつけて頂きたい。

中村天風哲人の言葉(誦句)にこんなのがある。「たとえ身に病があっても心まで病ますまい、たとえ運命に非なるものがあっても心まで悩ますまい。
否一切の苦しみをも なお楽しみとなす強さを心に持たせよう
。」。何事も、思い方考え方である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2007/09/post_128.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK