小父さんの話、NO2 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

小父さんの話、NO2

2007年05月28日

 早く「小父さんの話、NO2]を書かなくてはと思いつつ今日に至ってしまった。というのも、先週は東京での総会及び研修会が重なり、
殆ど東京に居た為に時間が取れなかったが故である。

 小説「中国任侠伝」の話であるが、中国の春秋時代(戦国時代)、孟嘗君と云う宰相が居た。
彼は5月5日生まれであった事から大変な苦労を強いられて育った(当時中国では、5月5日生まれの子は親を喰うとされ、
誕生と同時に殺される運命にあったという)。その為、周囲に対する気使いは人一倍濃やかで、部下は勿論、食客にも非常に慕われていた。当時、
食客だけで3千人も居たというが、ある事で国王の不興を買い、宰相の地位を剥奪された。すると、3千人の食客は、
蜘蛛の子を散らすように孟嘗君のもとを去っていった。残ったのはただ1人、無駄飯喰いの食客であった。

 ところが、孟嘗君。その後色々あって、再度、宰相の地位に復帰がかなった。そこで、1人残っていた無駄飯食いの食客が
「昔の食客を迎えよう・・」という。すると、孟嘗君、「とんでもない、あんな薄情な士など顔もみたくない。
私は客を遇することに落度は無かったと信じている。ところが私がいったん失脚すると、彼等はことごとく私に背を向けて去り、
誰ひとり振りかえってみるものもいなかった。再び私の前に現れるようなことがあったら、そやつの顔に唾を吐きかけ、
大いにはずかしめてやりたい・・・」という。そこで、無駄飯食い「そうではありません。あなたの言葉は間違っています。
物には必ずそうなる筋があり、事についても同じです。たとえば、生きている者が必ず死ぬようなことです。富貴になれば士が集まり、
卑賤になれば友も散じるのも、とうぜんのことでしょう。朝と晩と、市場の混み方が違いますが、人々が朝を好み、晩を憎むのではありません。
市場には朝にしか商品がないからであります。それと同じで、あなたが地位を失って、賓客が皆去ったのは、もうあたりまえのことです。
そんなことで士を怨み、いたずらに賓客の路を絶ってはなりません。どうか客を遇すること、もとのとおりになさいませ」と諭した。

その言葉をきいた孟嘗君、「私が愚かであった。つつしんでそのようにしよう・・・」と、云い大声で笑った。
その笑い声で心のわだかまりをすべて吹き消そうとでもするように。

 教訓的な面白い話であった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2007/05/post_115.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK