中之島の風景 | 調査会社の会長ブログ【松谷廣信】就活に関する信用調査

調査会社の会長ブログ

中之島の風景

2007年03月29日

春のポカポカ陽気につられ、昼休みブラブラと中之島公園に出かけた。天神祭の鉾流し神事で知られる鉾流し橋を渡り、
東洋陶磁美術館の横を通ってなんば橋(通称ライオン橋)の下を潜り、中之島の先端(東の端)へと歩く。

中之島の東側は船の舳先に似ており、大川に大型船が停泊しているかのような風景である。
この舳先部分を横切って天神橋が架かっているがその手前に、日本海海戦で大活躍した戦艦
「最上」
の船橋とマストが記念碑的な形で置かれ、マストは大阪市民国旗掲揚柱となっている。ところが船橋はボロボロで中はゴミの山、マストは赤錆が浮き出し戦艦
「最上」の面影など微塵もない。諸外国の戦勝記念品などはピカピカに磨き上げられ、国の誇りとして大切に保存されていると聞くが、
その情けない姿に、東郷元帥の嘆きが聞こえるようであった。大坂市庁舎は同じ中之島に在り、
中之島丸の中央ブリッジをイメージしていると思うが、先端マスト(大阪市民国旗掲揚柱)が赤錆だらけでは、遠洋航海などもってのほか、
近海航路さえおぼつかないのでは、と思えた。

嫌な気分に取り付かれそうで、足早に立ち去ろうとすると、ブブブ・ブブブ、かすかにエヤーポンプの音が聞こえてきた。アレ、
こんな公園に と不思議に思って周りに眼をこらすと、何と青テントの周囲に置かれたポリ容器の中から泡が吹き出している。
そろっと近づいて見ると、ポリ容器に電池式のエヤーポンプが設置され、3センチほどのフナが数匹泳いでいる。へー、
感心してジッと眺めていると青テントの住人が横から声をかけてきた・・。「去年の秋に産まれたフナやねん・
・」「へー、ここの大川で」「そうや・・、いっぱいいるで」「兄ちゃんこっち来てみ・・」、
裏に回ると、そこには2センチ程のメダカと、その稚魚がいっぱい居る。「アレッ、このメダカ白いな・・
」「そや、外来種や、メダカは黒ポイのと茶系と白がおるねん。白は外来種や、」「これも大川で」「そや・・」「何ぼでも増えるで・・」
「おじさん凄いな・・」、
こんなやり取りが20分ほど続いた。
おじさんからはプンと酒の臭いがしていたが眼は子供のように可愛らしかった。「またな・・、
頑張りや・・
」、一声掛けて青テントを後にした。

嫌な気分も一新し、ニコニコ顔で中之島の先端へと進むと、天神橋の橋梁下は青テント村。以前来た時もそうであったが、
今回も同じくジャラジャラ・ジャラジャラ、ご推察の通りマージャンである。4人打ちマージャン、さすがに全自動ではないが立派なものである。
昼日中から「チー・ポン・カン・ロン」、何とも優雅なものである。

帰り道、遠周りをして大阪市役所の横を通ると、南玄関は警備員と作業服姿の職員による人垣で完全にガードされている。
大川端には浮浪者姿の一団が屯している。そうー、釜が崎の住民登録抹消問題で、
一触即発の状態での睨み合いがここ1週間ほどは続いている。

人生いろいろ・・・♪♪♪。千代ちゃん、松ちゃん、

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.ks110.com/hm/2007/03/post_108.php/trackback

コメントを残す

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

内容をご確認の上、送信してください。

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK